2018年08月20日

地球

地球は卵のような構造で中心に鉄の核がありその周りにマントルがあり、外側に殻の地殻がある。
なんでこんなことが分かるのかというと地震波を分析することでわかってしまうのである。マントルは橄欖岩でできている。橄欖岩はペリドットという宝石だ。地表に出てくることはあまりないが変性しやすく地表にでてくると蛇紋岩になってしまう。しかし地殻を取り除けば地球は透明な緑色に輝くペリドットの宝石の塊だというのはもっと知られてもいいかもしれない。
地殻は海洋と大陸で組成が異なり、海洋の地底は玄武岩であり大陸は花崗岩が主である。比重も橄欖岩、玄武岩、花崗岩でそれぞれ3.3g/ml,3.0g/ml,2.7g/ml。地球の岩石の80%は橄欖岩だがその上に軽い玄武岩、花崗岩がアイソスタシーの順番で積み重なっている。マクロにみれば岩石にも浮力の法則が成り立つ。
勘違いされているがマントルはマグマのように熱い溶けた石ではなく橄欖岩からなる岩石だがこれも対流の条件であるレイリー数が高くゆっくりとだが流体のように対流できる。

石というのは子供の頃集めていたこともあり興味は潜在的にあったがなかなか石の同定とかは難しい。石は数千種類以上あると分類されているが、あまり正確な分類の基準がない。
また地球の岩石はほとんど80%以上は橄欖岩だがそれを地表ではあまり見ることができない。しかし玄武岩も花崗岩も橄欖岩が元でそれが変性してできるらしい。だから基本はこの3つだけ抑えておけばいい。

宇宙研究もいいが、地球の内部というのは宇宙以上に研究の難しい対象だ。石油の起源も未だに何も分かっていない。生物起源、無機起源説があるが、私は無機起源説がやはり正しいだろうと思う。メタンのような宇宙に大量にあるガスまでを生物起源とするのはどう考えても不自然だ。
トマス ゴールドの無機起源説については以前このブログにも纏めた。
http://libertarian.seesaa.net/article/128472700.html

宇宙の生命探査はNASAが最近大々的に取り組むようになったが、生命もパンスペルミアのような宇宙起源という説もある。私はこれもパンスペルミア説が正しいと思う。w
ただし、生命についてはあのゴールドの唱えている地底高熱生物圏という説もある。
生命の存在する環境の限界はどんどん更新されているが地底深く、地殻を超える深さとなると調査もできない。海底の熱水噴出孔が地球生命の誕生したところだろうと言われているが、ゴールドはもっと深い地底に高熱生物圏があっても不思議ではないとまじめに主張している。
地球科学とか地学という分類もおかしくて本来地球も惑星の一つだから惑星科学の一つとして捉える必要がある。
生命科学も惑星生命学の一つとそのうちなるだろう。

#石油やメタンガスが惑星起源とすると地球ができた時は高熱の火の玉だったのだから燃えているだろうと思うかもしれない。
しかし、地球ができた時はまだ酸素=O2がなかったので燃焼はしない。酸素が作られるのはずっと後でシアノバクテリアが作り出すまではほとんどなかった。


posted by libertarian at 11:06| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする