2019年01月10日

医療用大麻を解禁せよ

現在、世界的に大麻の解禁が進んでいるようだ。カナダが全面解禁、アメリカも西海岸の州ではほぼ全面解禁されている。
「大麻ビジネス最前線」を読むとこの事情がよくわかる。
大麻ビジネス最前線: Green Rush in 21st century (未来文庫) 高城剛 https://www.amazon.co.jp/dp/B07C82CZVF/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_WGPnCbC7PGN4K

大麻はhemp,cannabis、麻など様々な呼び方があるが、基本的には同じ植物である。大麻の薬効成分的にはTHCという鎮静作用のある物質と,CBDという医療効果の高い物質があり、この成分配合の異なるものが品種改良により今ではいろいろと作られている。
日本はいまだに大麻は悪魔の薬というでたらめな扱いで持っているだけで重罪だが、世界的に大麻が解禁されていけば日本も早晩、大麻が解禁されていくだろう。
大麻は人類にとって極めて重要な植物であり、万能といってもいい薬である。またどこにでも生えている草であり実質ただみたいなものだ。この草がガンから様々な病気に対する効力がある。
さらに人類にはカンナビに対するレセプターもある。こうしてみると人類にとって大麻というのは必須の植物という気がしてくる。
このような有用極まりない植物を、いままで100年近くも政治的な理由で悪魔の植物として禁止し、所持しているだけで殺人罪並みの厳罰の対象としてきたのだから異常としかいいようがない。
病院では様々な薬が使われるが、怪しいものが多い。抗がん剤などはその最たるものだが、大麻のように昔から使われてきた薬効あらたかな植物が使われるようになれば、医療も前進するのではなかろうか。
ガンでもそうだが重要なのは苦しまないということだ。抗がん剤で苦しまされ高額な医療費を払わせられ効果も分からず死ぬというのが最悪だ。大麻はガンの苦しみを除くだけでなく、治療効果もあるらしい。
21世紀は大麻が解禁されることで医療そのものが大きく見直されていくのではないか。

日本ではがん患者が激増しているが、この最大の原因はガン検診を大々的に強制するようになったからだろう。そして早期に発見されたガンによって無駄な治療と高額な治療費を払わせられ何の効果も分からないうちに苦しんで死ぬという悪魔のパターンが生まれている。
やはり検診を受けず、ガンになっても何もしないというのが正しいありかただろう。そしてもし苦しむことがあるのであれば、アメリカやカナダやヨーロッパの医療用大麻を認めているとこに行き、医療用大麻での治療を受けるべきである。日本も可及的速やかに医療用大麻の解禁を検討するべきである。
posted by libertarian at 10:00| 東京 ☀| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする