2019年04月12日

ファスティング

ファスティングを最近はじめた。3日断食を2回ほどやったが効果を実感した。
最初は断食中は空腹で寝れないのではないかと思っていたが、実際は真逆でものすごくよく眠れた。
いまだかつてこれほど深い快適な眠りはしたことがなかったというくらいだ。

ファスティングは復食期間が難しいそうで、断食日数の倍の期間をかけて戻していくのが基本らしい。
その点、自分はいい加減であったかもしれない。
3日断食で復食に6日かけるのは大変だ。復食期間もかなりの小食で過ごす必要がある。

ファスティングは案ずるより産むがやすしで一度やってみればいい。3日断食くらいでは全く危険はない。
もし、我慢できなければやめればいいだけだ。
だが、やってみればそんなに断食は大変ではないことが実感できる。

断食をすることで、ほとんどの慢性病に治癒効果があるらしい。1週間以上の断食は断食療法をやっているところに
行ったほうが安全かもしれないが、3日断食なら自宅で気軽にできる。

西洋医学はほとんどの慢性病には全くの無力であり、それを悪化させることしかできない。100害あって1利なし。
つまるところ人間は自分の体に備わった自己治癒能力で治るしかない。
断食はそのスイッチを入れる方法といえるようだ。

断食は腸内細菌のマイクロバイオータも関係するのであろう。長期の絶食だと腸内細菌がリセットされるのかもしれない。
宿便というのは実体がよくわからず胃カメラで見ても見えないものらしい。これは腸内細菌と関係しているのかもしれない。
posted by libertarian at 14:31| 東京 ☁| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする