2019年10月01日

タブレットはいらない

タブレットはiPad,Androidタブレット,Windowsタブレット,Kindle Fire, Kindle paperwhiteなどと色々持っている。新製品が出ると買い替えたほうがいいかとも思うが、結局使うアプリが変わらないので必要ないかとも思う。Androidタブレットは最近はほとんど新製品が出ないが結局、買い替えニーズがあまりないのであろう。iPadはiPad OSになったので少し興味はあるが、iPad Proは電子ブックリーダーとしてはオーバースペックであり、お絵かき系のアプリは全く使わないし写真処理はPCで行うのでやはりいらないかと思う。ゲームをするわけでもないし、高性能化の恩恵があまりないのである。

このところ、タブレットでは電子ブックをコンピューターに音読させる使い方をしている。アンドロイドスマホでもTalk back機能を使えばKindle本を音読させることができる。
使い勝手ではKindleFireの音読機能がいいが、読み上げの流暢さではアンドロイドのTalkBackが優れている。
音読を聞きながら散歩するのは結構楽しい。もちろん黙読したほうが圧倒的に早いが散歩しながら朗読を聴くのはなかなかよい。2倍速くらいで読ませるのが聞きやすい。散歩もただ歩いているだけだと風景も見慣れておりやや退屈だが本を聞きながら歩いていると退屈しない。
ちなみにアンドロイドのアシスタント機能のTalkBackを使って音読できるのはKindle本くらいで、Dollyの電子ブックは読ませることができない。Dollyはヨドバシの電子ブックでKindleよりもずっと安いことが多いのでこちらを買うことが最近増えていたが、TalkBackで読むことができないのは大きなデメリットである。w
読み上げの流暢さでは、アンドロイドのTalkback>Kindle Fireの読み上げ機能>iOSの読み上げ機能 の順になる。
やはりGoogleのAIが一番進んでいる。

断捨離ではないが、あまり物を増やしたくないというのもある。すでに物がありすぎるのだ。タブレットも10枚以上あるが、使っているのは半分くらいか。捨てるわけにもいかず困ったものだ。
posted by libertarian at 16:14| 東京 ☀| Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする