2019年10月18日

原子論の歴史

現代であれば、さすがに原子の存在を知らない人はほとんどいないだろうが、直接見たことのある人は依然としていないだろう。
原子論の歴史は非常に興味深く奥が深い。古くはギリシャのデモクリトスやエピクロスからあり、それが一旦は完全に失われるが2千年後にルネッサンスで発掘され奇跡的なリバイバルを果たした。そして19世紀と20世紀に原子論は科学的完成に至った。原子論は誰も見たことがないものを思弁的、論理的に考えているという点でギリシャの昔も今も同じである。w

もっともギリシャのアトムという概念は一種類の根源的な粒子で元素=elementsというものではなかったと思われる。
アトムが集まって金になったり、土になっているというものだったのだろう。
しかし未だ誰も見たことのない原子ではあるが、このようなものがいかにして科学的に研究可能となってきたかが面白い。現代科学は原子論にその集大成を見ると思う。

先日、周期表118元素を全部暗記した。天皇126代を覚えたので次はなにを覚えようかということで周期表を覚えた。
元々、ある程度(Krくらいまで)は歌で覚えていたこともあり、1日で全て暗記した。
周期表関係の本も何冊か読んでみたが、知らないことが多く興味深い。周期表を全部覚えてから原子のあれこれを覚えるのがいいのである。w
113番、ニホニウム(Nh)のように超ウラン元素の命名が話題になったりしているが、実際は元素番号だけで呼んでもよさそうなものだ。しかしやはり名前をつけたほうが親しみがわくのだろう。とはいえ、元素番号の方が原子名より重要であることは自明で、原子番号がわかればその性質もある程度分かるので、やはり元素名より元素番号表記が私はいいと思う。そうすると例えばC-C結合は、6-6と表記される。

ちなみに超ウラン元素は26個中14個が周期律に貢献した人名由来。例えば、99番のEs、アインシュタニウムだが実はアインシュタインのブラウン運動論文(1905年)がはじめて原子の存在を理論的に明らかにしたということを知る人は意外と少ない。それまで1900年時点であっても原子の存在は科学者でも賛否両論だったらしい。しかし、その後、20世紀初頭に怒涛の勢いで原子の構造が解明されていく。
分光分析の技術が発見されたことも大きいし、19世紀に電磁気学が完成されてなければやはり原子の研究は無理だったろう。

20世紀中ごろには、フレッドホイルらによって元素が恒星で作られるメカニズムまで解明された。
だが今の素粒子研究はあまりにも大規模になりすぎて、見ていて重労働感が漂っている。自分なら仮にやれといわれてもあまりやりたくない分野である。w
しかし、これは宇宙研究でも同じで、こないだようやく完成したというジェームズウェッブ宇宙望遠鏡も1兆円超。
科学が巨大組織になりすぎるのもなんか嫌だw
とはいえ、今は素粒子研究と宇宙研究は表裏一体で現代科学のエピステーメーがここにあるのは間違いない。
現代の科学というよりも人類の科学は常にこの原子論の分野が最先端になる気がする。

posted by libertarian at 20:49| 東京 ☔| et cetera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする