2007年09月08日

ハイエク全集新版

ハイエクの春秋社の全集が、復活した。
相変わらず高価なのは問題だが、復活したのは喜ばしいことだ。
翻訳も一部改定しているらしい。
とくに活字が読みやすくなったのがよい。
英語の原書と、この翻訳と両方持っているといいと思う。原書を読んでいてよく分からないところがあったら、この翻訳を見るというのが効率的な原書の読書法である。ハイエクの英語はやっかいだ。
posted by libertarian at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | F.A.HAYEK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ハイエク『法・立法・自由』第10章要約。
Excerpt: 以下、ハイエク『法・立法・自由』第10章「市場秩序またはカタラクシー」の要約である。 但し要約にしては長い。 ちなみに「カタラクシー」とは、 市場秩序が諸目的の共通のハイアラーキーをもたないこと..
Weblog: typeAの散種的妄言録
Tracked: 2007-10-03 11:06