2007年12月22日

Privilege and Liberty

自由が欠けている場合にのみ、いろいろな個別的な自由があらわれてくる。
すなわち、これらの個別的自由は集団や個人が得るかもしれない特権や免除であって、この場合には、その集団や個人以外のものは、多かれ少なかれ不自由なのである。」 
ハイエク 自由の価値より

これはハイエクの言葉だが、まさに特許権などの知的財産権という特権制度にそのまま当てはまる。
言い換えれば、「消極的な自由」が欠けている場合にのみ、「積極的な自由」が現れるのである。この"positiveな自由"とは政府から与えられる特権や免除である。

 
posted by libertarian at 10:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F.A.HAYEK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック