2014年03月14日

History is propaganda

このところ、植民地主義に興味を持って本を探している。しかし、アマゾンの英語版を見ても、あまりそれらしき本はない。少しはあるが、ポストコロニアリズムとかであったり、白人以外の人が書いた本が少しあるくらいだ。この手の本は歴史書ではない。
奴隷制について書いた歴史本も少ないし、インディアンについて書いた本もあまりない。
この膨大な500年に及ぶ暗黒の虐殺と侵略、奴隷化の歴史的な事実を書いた本がみあたらないのだ。これだけ少ないのはやはりタブー領域だからに違いない。日本人の書いた本は少しあるのだが、一般書なので元ネタが定かでなかったりする。

スペインのインディオ大虐殺に対するラスカサスの告発書は、他国で反スペインプロパガンダに使われ、スペインに対して致命的なものとなったらしい。
アメリカやイギリスでも、同じようなことをしているわけだが、やはりインディアン虐殺史とかアボリジニ虐殺史、黒人狩りの詳細な研究というのは、ラスカサス同様に都合が悪い本なのであろう。だから右も左もそういう本を書かない。またそんなものを研究したり、事実を書くと不利益を受ける仕組みがあるのであろう。どの国でも似たようなものだ。それどころか、イギリスに支配された国は経済発展し、スペインに支配された国はあまり発展してない原因がどうのこうのと言っているのはおぞましいものだ。どちらにも植民地支配されてなければ、どちらももっと発展していたとは考えないのか?
もともと歴史というのは科学ではなく、国家や政府の権力を正当化するための御用学問だ。経済学もその傾向がかなりある。

昔はポールジョンソンの歴史書とかよく読んだが、今見ると酷いものだ。日本に対する記述など、日本の反日左翼連中が言っていることと変わらない。日本は暗黒の全体主義国家、ファシズム国家だみたいなことをおどろおどろしく書いている。
ウォルフレンなんかは、やはり日本の左翼連中の言ってることを受け売りで、おどろおどろしく書いていた。

ではリバタリアンはどうなのかというと、これまた同じだ!
つまりは、アメリカが日本侵略前に流していたプロパガンダ通りのイメージで日本をあちらの連中は見ているということだ。
とはいえ、その世代はすでにかなりの歳なはずだから、未だにそういう歴史というかデマが教えられているのであろう。
正しい事実からスタートしてないから、後は全部間違いなのである。
つまるところ、連中は全くなにも反省していないのだ。

日本で読書層が歴史書を読むと、めちゃくちゃな左翼史観、GHQ史観、東京裁判史観で書かれた本ばかりだったから、かえって洗脳の度を深めてしまったわけだ。私なんかもわりと本を良く読む方だろうし、中学の時には、あのエドガースノーの「中国の赤い星」なんてのを読んでいたくらいだ。ガキの頃のこういった読書が精神を確実に蝕んでいたのであろう。

しかし、インディアンやアボリジニの殺戮にしても、日本に対する犯罪にしても、普段、食べている牛肉や豚肉のと殺、解体を普通の人は見たこともないのと同じで、あちらの普通の人にとってはリアリティのないことなのだろう。
ごく一部の人間、最前線の人間だけが、殺戮に携わっていて、普通の人や知識層という人は意識しないでいられる仕組みになっているわけだ。

posted by libertarian at 20:58| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

China impact

大前研一がチャイナインパクトを書いたのが2002年で今から12年前。
この本で大前は、中国はもはや共産主義の国ではなく、資本主義国以上の資本主義国だみたいなことを書いていた。
これに触発されて中国へ進出した企業も多かった。
しかし、大前は、中国にいいように利用されたということがよくわかる。中国の宣伝マンになったのだ。
大前研一は、教養が足りない技術者だから、歴史も経済も思想も基本的に全く音痴なのだ。

日本には長らく左派言論しかなかったから、企業の立場で明確な主張をする大前は当時はそれなりにインパクトがあったわけだが、やはりナイーブな理系人間でしかなかったという気がする。
大前の話をきいて中国に進出したものの、留まるのも地獄、撤退するも地獄という状況になっている企業は結構あるようだ。
結果的に、日本は中国進出によって、かなりの技術流出をさせてしまった。
ユニクロみたいにうまく行っているように見える会社もあるが、あれは衣料品業界だから軍事とは関係ないのであまり問題ないと思うが、ハイテク分野ではまずいことになってしまった。
posted by libertarian at 13:08| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cyber war

中国は既にサイバーテロ大国だが、日本はこの分野でも全く遅れているようだ。
アメリカがサイバー戦争を戦争領域と考えているのは知られているが、中国の技術は凄いらしい。
今の日本はソフトでも全く歯が立たない。
それにサイバーとはいっても、物理的には脆弱で海底ケーブルやケーブルの陸揚げ局を攻撃すればネットから遮断されてしまう。
戦争は情報戦でもあるから、いざ戦争になれば真っ先に攻撃されるだろう。

中国に対する十数年くらいまであった技術後進国のイメージは即刻に改めないといけない。
すでにサイバーテロは日常的なものだ。
中国は戦争を三戦、つまり心理戦、法律戦、宣伝戦と定義している。中国は戦争をずっと仕掛けてきていると認識しないといけない。
日本はNHK、朝日、読売とマスゴミが親中宣伝を執拗に長期に渡ってしてきているから、こういった現実がほとんど知らされていない。大学も共産党シンパが未だに多数派だ。
日本が中国に飲み込まれることを望んでいる勢力が日本人の中には沢山いるということである。

私は、日本が中国に飲み込まれるそんな悪夢が現実とならないことを祈るしかない。
posted by libertarian at 12:45| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stealth

F22のようなステルス戦闘機が強いのは、レーダーにひっかからないため、見えないところから相手を攻撃できるからである。気づいた時にはミサイルの餌食になってしまっている。

このステルス素材は、電波を吸収してしまうわけだが、これは日本の発明である。
これがアメリカに売られ、それが中国に盗まれ、中国でもステルス戦闘機を作れるようになったらしい。
かように、自由経済圏というのはスパイに弱い。
スパイ防止法で、どれだけ防止できるのか知らないが、これはやはりないと駄目だろう。
民間の不正競争防止法よりも、重要である。
台湾もスパイされ、軍事技術が中国に筒抜けになってしまうために、今ではアメリカは台湾への軍事技術移転は制限している。
日本もスパイ天国であるから、これを法で取り締まらない限り、軍事技術に関わる契約が成立しないのだ。
posted by libertarian at 01:59| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Imagine

軍事というのは目先のことではなく、数年、数十年先を見越したビジョンが必須であろう。その点、2050年のビジョンを描いている中国はかなり本気である。
時期を見計らって中国は覇権的な軍事行動にでることが確実だ。
10年前は厄介な隣人ですんだが、もはや恐るべき隣人と化している。
それはアメリカが経済的に退潮すれば早まるだろうし、普通に予測しても10年以内だろう。
もはやソ連と中国では中国の軍事力の方がずっと上だ。GDP世界2位だから当然そうなる。
アメリカは無敵の軍事大国のようだが、ずっとそうとは限らない。この調子ではアメリカの軍事力を数年で中国が上回る可能性があるからだ。GDPで上回らなくても、独裁国家だから軍事費比率が圧倒的に高いため軍事費では上回ることが可能なのだ。

いままでアメリカが軍事的に積極的だったのは、アフガンやイラクのように自分より圧倒的に弱いことが分かっている国に対してだけである。強い相手には、軍事的な行動にでることはまずない。
また兵士が戦場で死ぬのも選挙にマイナスだから、基本的に無差別爆撃ばかりしているのである。アフガンでもイラクでも、ユーゴでもそうだ。つまりアメリカというのは本質的にチキンな国なのだ。
中国はアメリカの次に覇権を握る計画だ。そのとき、今までのアメリカと同様に軍事行動を大胆に起こしてくる。
それに準備しなければ、いけないのである。
まだミサイルのどんぱちはないが既にサイバー戦争は起こっている。
日本もこのまま亡国政策を続ける限り、必然的に中国に侵略されて終わりとなる。そんな数年−10年先のことも想像できないわけはないだろう。

posted by libertarian at 00:49| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

China 2050

中国の外務省から流出した(させた)と言われる、2050年の中国の地図が以下のもの。冗談でも笑い事でもないから、怖い。
日本もインドもベトナムもオーストラリアもみんな中国になっている。


china2050-2_p.jpg


posted by libertarian at 22:09| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Coming war with China

日本が20年のデフレに沈滞している間に中国の経済は飛躍的に伸び、それと比例して中国の軍備はすでに圧倒的なレベルになっているようだ。
中国は、本質がギャングであるから、因縁をつけてくる。いつ戦争になっても不思議ではない。なんといっても中国には圧倒的な軍事力が既にある。10年一昔前は中国軍など人数だけで取るに足りない、自衛隊の方が上だとか言われていたような気がするが、それは遠い過去のことだ。

アメリカはF22を開発したが軍事機密として国外で販売させなかったが、これもすでに15年以上前のもの。中国の戦闘機はソ連のSu27と同等で、F22に匹敵する性能を持つようだ。
F22と日本の自衛隊のF15とでは次元の異なる性能で全く歯が立たない。F15<<F22だ。日本の航空防衛力は既に無力化されているのである。
日本は、ようやくF35を買おうかなという話が少し出てきた程度の段階だ。F35はF22よりも性能は劣るようだが、値段は一機200億円するそうだ。これを一度に100機くらい大人買いするべきであろう。
軍事技術も、コンピューターと同様に、ムーアの法則で進歩しているのである。

中国の国内ではめちゃくちゃな反日ドラマを毎日テレビでゴールデンタイムに流しているようだが、一方の日本国内では70年もめちゃくちゃな反日教育が行われてきた。すでにメンタルでも完全に負けている。土下座外交してれば済む相手ではない。中国は国内の不満と敵意を日本にいつでも向けられるように準備をしているのだ。

もっとも想定して意味のある戦争は、局地的な限定戦争だが、下手をすれば第3次大戦、つまりは総力戦、核を用いた殲滅戦となる可能性だってあるのではないか。アメリカに対して、総力戦にすると脅せば、日本の甘い期待に反してアメリカは尻込みして日本防衛などしない可能性も十分にある。中国はアメリカが持たない中距離核ミサイル(IRBM)を持っており、これはアメリカの潜水艦を直接に爆撃できるそうだ。あと数年で中国が潜水艦監視衛星が完成すれば、アメリカに対し圧倒的優位性を持つことになる。
アメリカが総力戦を尻込みすれば局地戦となり、日本は中国に簡単に侵略される。
もしそうなれば凄惨な殺戮が行われるだろう。日本の完全なる消滅である。日本のチベット化が行われることになる。

なにせ中国は国家ではなく共産主義の衣を被ったギャング団であり、本質的には北朝鮮を遥かに凶暴にしたような存在である。
清王朝が倒れ、中国という名の、毛王朝が続いているのだ。
こうなったのも、日本の20年デフレで中国経済が発展し、日本経済と技術が長期にわたって落ち込んでしまったからである。
経済発展こそは、最大の防衛でもあるということを馬鹿な政治家は忘れていたというより、理解もしてなかったのだろう。

日本の自衛権の回復は、一刻の猶予もない課題だ。これをクリアしないかぎり、一歩たりとも前に進めない状況だ。
私も生きている間に日本が戦争になるなんて昔は思ってなかったが、今は違う。
むしろ、私を含め日本人は、そのように思わされてきただけだといったほうがいい。
posted by libertarian at 19:03| 東京 ☀| China problem | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする