2014年12月12日

AI car and her

電気自動車とは、コンピューターとソフトの塊だが、今のガソリン車もソフトの塊で、開発費で一番大きい部分はソフトだと聞く。
そう聞くとそうかとは思うが、車種毎にソフトを作っているわけじゃないだろうから、なんでそんなに開発費用がかかるのが不思議な感じもする。
ソフトベンダーにぼられているのではないか?w

電気自動車は、ガソリン車と違って大きなバッテリーを積んでいるから、コンピューター置き場としても優れている。w
近い将来、自動車はロボット化されたものが実用になるだろう。家庭へのロボット導入は車が最初になるのではないか。
車が巨大なスマホのような存在になっていくだろう。車に乗ることは、車のAIと対話する場になるのだろう。
ルンバの普及よりも、AIロボットカーの方が先になるかもしれない。w
車の中で、人間はAIに包まれ、最大限に尊重され、最高のアドバイザー兼、召使をもつようになるのではないだろうか。

こないだherという近未来のAIを描いた映画を観た。PCやスマホでAIのOSと恋愛するというお話だった。
だがインタフェースが、PCやスマホでは面白くない。
私は車がそういうAIに包まれる環境を提供するようになると思う。

ところで、AIはどこにあるのかという問題というか疑問点がある。今のイメージではAIはクラウドの中の超巨大スーパーコンピューターの中に存在するのだろうか。
いわゆる分散か集中かという問題だが、herのOSはクラウドにあるようだ。
だが、コンピューターの性能がこのまま向上していけば、中央のクラウドにおかれたスーパーコンピューターは必要なくなる。
分散化された形にまた戻るのではないか。

herでは、クラウドにある一つのAIのOSが複数の人と恋愛するのが、嫉妬というか複雑な気持ちを主人公に起こさせるわけだが、人工知能が分散型になれば、アイデンティティの問題で混乱はなくなる。w

分散と集中はサイクルのようなものがあって、時々の経済性と合理性で選択される。別にどっちがいいという問題ではないが、ことAIに関してはアイデンティティと絡んできそうだ。

posted by libertarian at 09:45| 東京 ☁| Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copy rights and The Net

日本のインターネットは接続環境、スピード、品質は抜群によいと思う。
だが、コンテンツに関しては、アメリカに比べて問題がいろいろとあるようだ。
DVDレンタルでは、日本ではツタヤがあるが、Huluの登場で苦しそうではあるが、Huluのコンテンツはいろいろと制約があるようで、配信が遅いし、あまり内容の変更がない。
アメリカのネットフリックスは、月に7.99ドルで、新しいものも見放題らしい。ドル120円とすれば、Huluとほぼ同じ値段か。
こういったサービスが日本にあると、ツタヤは苦しくなるだろう。

キンドルもアメリカでは、定額払えば、なんでも読み放題というサービスがあるらしい。日本のキンドルにはない。
これができれば、日本の本屋は全部潰れそうだ。

アメリカのビジネスモデルは著作権の縛りがあまりないような展開だ。一方、日本は著作権に雁字搦めでやってきた。
私はソニーがiPodにウォークマンの領域を占領され、ネットに対応できなかった一つの理由として、知財に対する物凄く慎重な態度が裏目にでたものではないかと思える。

アメリカのネット関係のビジネスモデルでは、グーグルにしても著作権などの問題で潰されなかったのが幸いであった。
これはグーグルの不思議の一つである。むしろグーグルがフェアユースの範囲を拡張することに成功したのか。
これはコモンローの国の強みなのかもしれない。

日本は、先進国の中でも著作物のフェアユースを認めていないおそらく唯一の国で、著作権法がインターネットビジネスの障害となっていることは依然として大きいだろう。

スマホというかiphoneが2007年に登場して、世の中は突如としてSFの世界に突入したわけだが、SFの世界には描かれていない知財の縛りがネットビジネスの障害となっていると思われる。

posted by libertarian at 09:19| 東京 ☁| Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

2029

レイ カーツワイルが、シンギュラリティがおこる予想時期を2045年から2029年に早めたようだ。
あと15年。今の進歩からすると、ほんとにそうなるのかもしれない。

コンピューターが職を奪うことは、すでに現実のものである。
コンピューターが自然言語に対応できるようになると、今後さらにそれは加速するだろう。
それはここ数年で加速し始める気がする。

マインドアップローディングとかトランセンデンスとか、宇宙派、地球派といったオタッキーな話はあまり興味がない。
むしろ、この問題は労働問題そのものだ。何故、経済学者はこの問題を真剣に考えないのだろうか?
別の仕事が生まれるから、それをやればいいというのは、あまりにも安易な考えで想像力が欠如している。
労働問題は富の再分配問題でもある。

理系の人間は安易にコンピューターが万能な神のような力を持てば、コンピューターに計画経済をやらせればいいとすぐに考える。
こういうナイーブな非経済学的思考を正すのは、やはり経済学者の役割であろう。

技術の進化を止めることはできないし、ラッダタイトも無理である。
今、起こりつつあるコンピューター失業もしくは、求人の減少にどう対応するかだ。
肉体労働が機械に置き換えられ、多くの人はサービス業などに移ったのだろうが、今度はナレッジワーカーの番である。

こういった社会の本質的な変化は、革命のような政治的騒動よりもはるかに深い事件である。

posted by libertarian at 12:44| 東京 ☀| Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

BLUE LED

青色ダイオードで、日本人がノーベル物理学賞を受賞した。受賞は当然だと思う。いつ受賞するかが問題だった。
中村修二さんが有名だが、赤崎勇、天野浩氏も受賞ということで良かった。赤崎さんが高齢だから今年の受賞だったのかもしれない。
この赤崎氏は私の父の旧制七高ー京都大学の同級生ということで、父がとても喜んでいた。
中村さんの講演を私は聞いたことがあるが、職務発明特許のごたごたで日本がいやになったのか、アメリカ国籍をとったようだ。
職務発明特許の問題はいまだに難しい問題ではあると思う。

最近は夜にロードバイクに乗ることが多いので、LEDライトをいろいろと買って試したが、中華のLEDライトの性能が非常に良い。 CREE製のライトなど驚くほどの明るさだ。
数年前のLEDライトから随分と進歩しているのがわかる。
LEDの進歩の可能性はまだまだある。
posted by libertarian at 15:08| 東京 ☀| Tech | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする