2017年05月03日

パワーバランスの右と左

国際関係論(International relations,IR)という分野がある。ミアシャイマーも、その一つだし、ルトワックなんかも入るかもしれない。
こういった社会学系のいわゆる学問は狭い分野であるが、どの程度の影響力を持っているのかさだかでないところがある。

そもそもIRというのはイデオロギー中立のものではない。しかし実際にその中でやっている人達はイデオロギー中立の科学的な学問だといいたがる。これはミアシャイマーなんかも同様だ。
IRでは歴史的な事実を根拠、論拠にすることが多いが、歴史が少しでも入るとイデオロギー中立はまず困難になる。
事実、ミアシャイマーのTheoryの論拠は歴史的な考察にあるが、ミアシャイマーの日本やチャイナの近代の歴史観は完全にチャイナの文献に依拠しているから、少し歴史にうるさい日本人からみれば、日本に関してとんでもない歴史観をしていると思うだろう。私は、ミアシャイマーのTragedy of great power politicsを英語原書で読んだが、関東軍のことをワンタン軍(kwantung army)とチャイナ表記で書いていることからもこのことを確信した。w

アン・コールターなどは、ミアシャイマーをリベラル連中の一人だと呼んでいる。ミアシャイマーと共著の多いハーバード大学のスティーブン ウォルトなんかは、たしかにゴリゴリのリベラルで、ウォルトはトランプのことも蛇蝎のごとく嫌っており、熱烈にヒラリー・クリントンを支持していた。w
こういうのを見ると、ハーバード大学というのは、ほんとにアメリカのリベラルのアカデミックな牙城なのだなと思う。
しかし、シカゴ大学のミアシャイマーはそんなにリベラルだという印象を私は持っていなかった。ミアシャイマーはトランプのことも支持していると思われる。

アン・コールターのいう左派リベラルの基準はどこにあるのかわからないが、想像するにBalance of Powersをいうような連中は大体リベラル野郎だと判断しているのかもしれない。w
この女史の本を読むと、まずもって、パワーバランスなどという発想はない。共産主義国家のような巨悪との共存といったいわゆる現実主義的、realisticな妥協など許されず、パワーバランスという弱腰なことを言っている奴は彼女の視点ではリベラルなへっぽこ野郎なのだろう。w
レーガンのように共産主義の悪の帝国は容赦なく叩き潰す決意をもたなければならないというのが彼女の考える保守なのだろう。
私はこれは一理あると考える。
パワーバランスという概念を、自由主義圏の中だけに適用し、共産主義圏は断固たる決意でその体制を叩き潰さねばならないということだ。共産主義の悪の帝国との妥協は許さないというのがやはり保守のとるべき態度だろう。



posted by libertarian at 01:06| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

国連の解体へ

アメリカがソ連との冷戦に勝利した時、当時のジョン マケイン議員は、自由主義陣営の勝利を明らかにすべくチャイナのような共産主義陣営の入っている国連を解散して、新たに自由主義陣営の連盟を作るべきだと言っていたそうだ。
実に正論である。実際問題、国連は21世紀に存続してよい機関ではない。国連は昔も今も有害無益な腐敗した官僚組織に過ぎない。かつてアインランドは、共産主義ソ連を常任理事国としている国連という存在はタチの悪いブラックジョークだと言っていたが、未だに国連はタチの悪いブラックジョークであり続けている。
アメリカが今後、国連を脱退する可能性はあるだろう。逆にいえば、アメリカが国連を見限らない限り、国連は存続し続けることになる。

思うにアメリカがチャイナとの対決姿勢を強めていく過程で、アメリカの国連からの脱退という戦術はありうるだろう。
日本やヨーロッパ、アメリカの自由主義国家だけで軍事同盟を作り、共産主義圏を孤立させるためである。
その時は、日本も国連から脱退して新たな自由主義国家同盟の方に入ることになるだろう。
今のNATOを日本やオーストラリア、ニュージーランドまでを含める自由主義陣営同盟に発展させるという形もいいかもしれない。

つまり、今の国連体制では、チャイナの封じ込めは難しいし、対チャイナという点で国連の存在は百害あって一利なしだ。今のチャイナを常任理事国に含めた国連など全くのナンセンスである。実質的な意味のある軍事同盟が必要とされているわけだ。
posted by libertarian at 12:52| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

米中もし戦わば

ピーターナヴァロの「米中もし戦わば」を遅ればせながら読んだ。(原題 Crouching Tiger)
トランプ大統領の発言内容は、かなりの部分、この本の内容とオーバーラップする。
いままでチャイナ問題関連本としては、日本のチャイナウォッチャーの本しかなくアメリカの人間がどう考えているのか不明であった。しかし、ナヴァロのような視点がアメリカのチャイナウォッチャーでも共通していることがうれしかった。
もっとも本の内容としては、従来の本と比べてこの本は出色の内容で、非常にわかりやすくかつ具体的、論理的にチャイナ問題を論じている。チャイナ問題に関心のある人間には必読の書である。

最近、自衛隊関係の元幹部の書いた本としては、渡部氏の「米中戦争」というのもあり、あれもなかなか内容はよかった。
#前に書いた紹介文 →http://libertarian.seesaa.net/article/444628619.html

しかし、これは例外的な本で、今までの自衛隊関係者の書くものは、チャイナなぞ取るに足らず、いかに自衛隊が優れているかという自画自賛的なものが多かった。私はこれを非常に懐疑的にみていたが、彼ら元自衛隊幹部は、所詮、戦争のない時代にぬるま湯で出世しただけの小役人のような連中であり、敵を軽んじて自衛隊を自画自賛することが一種の処世術で出世の方便だったのだ。

この本を読むと、現実のチャイナの軍事力がどれほどの脅威になっているかがひしひしと分かる。
チャイナはアメリカの優位性に対する対抗戦略、反干渉戦略を長期ビジョンで推し進めてきており、これにアメリカが対抗するには従来の戦術を大きく転換しなければならない状況にある。
具体的にアメリカの軍事的優位性の3本柱とは1.空母戦闘群 2.第1第2列島線上の大規模基地 3.高度なC4ISRシステムにある。
チャイナは、空母に対しては1600Km彼方から空母を撃沈できる対艦弾道ミサイルを完成させており、マッハ10で飛ぶ対艦巡航ミサイルも完成させてしまった。これによってアメリカの軍事パワーの象徴的な存在ともいえるる空母戦闘群、イージスシステムは無防備な標的となり機能しない。1000億ドルの空母を100万ドルのミサイルが1発でも当たればいいわけで、このような非対称兵器の攻撃はアメリカにコストリスクを跳ね上げさせる。チャイナのこれらミサイルはゲームチェンジャーといえるものである。
2の日本やグアムにある大規模基地などはミサイル攻撃に対し全く無防備で地上に露出している。
3のC4ISRシステムという情報システムは衛星に依存しているが、チャイナはキラー衛星を完成させてしまった。現代の戦争における戦略的高地とはまさに宇宙にあり、チャイナは制宙権を確保することを主眼に宇宙開発を進めてきた。一方のアメリカはキラー衛星の技術を持たないし、宇宙開発はほとんど中止したような状況だ。

またアメリカはいままでロシアとの軍縮協定を繰り返す間に、保有ミサイルの数も種類も激減しており、一方のチャイナはそれを尻目にありとあらゆる核、ミサイルを開発し、数、種類ですでにアメリカを圧倒している。

このようにチャイナはアメリカの優位性を覆す戦略と技術を作り上げてしまっている。
またチャイナの基本戦略は、接近阻止、領域拒否である。機雷などアメリカの空母戦闘群を近づけなくさせるための技術と戦略を基本としている。そして、これらは費用の点で非対称的である。
さらに、チャイナの本土には5000Kmに及ぶと推定される地下の万里の長城があり、この地下トンネルをトラックや鉄道輸送が可能となっており、即座にミサイルを移動させることができる。
海南島には隠れた大規模な潜水艦基地がある。
アメリカは日本やグアムに基地を有するとはいえ、1万キロの距離の過酷さがあり、ホームで戦うチャイナに対しては厳しいものがある。
とはいえ、日本、韓国、台湾といった第1列島線、第2列島線こそがアメリカ本土防衛の最前線なのである。ここを死守してチャイナを封じ込めなければアメリカの軍事的敗北に等しい。

結論として、今の状態で、もし米中が戦えばアメリカに勝ち目はないということになろう。
では、アメリカはどうするべきなのか?それはこの本を読むのがいいが、トランプ政権ではこのナヴァロのビジョンに近い形で対中戦略が新たに再構築されることになるだろう。
posted by libertarian at 20:23| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

アメリカにおけるリバタリアン3分類

今度のトランプ政権がリバタリアン政権だという記事を読んだ。
Ayn Rand-acolyte Donald Trump stacks his cabinet with fellow objectivists
https://www.washingtonpost.com/news/powerpost/paloma/daily-202/2016/12/13/daily-202-ayn-rand-acolyte-donald-trump-stacks-his-cabinet-with-fellow-objectivists/584f5cdfe9b69b36fcfeaf3b/?utm_term=.e9a0901e95a1

ところで、アメリカにおけるリバタリアンは大きく次の3分類ができると思う。

1。アインランド愛好者のいわゆるリバタリアン

アインランドのファンをランディアンとも呼ぶが、前のFRB議長のグリーンスパンをはじめ、ランディアンであることを公言する人は意外と多い。今度のトランプ政権の閣僚も、レックス ティラーソン、アンディ パズダー、マイク・ポンペオは、ランディアンであることを公言しているらしい。
ランド自身は自分をリバタリアンではないと言っていたが、アインランドはアメリカにおけるリバタリアニズムの一つの大きな柱であることは間違いない。
ランドについて知る上では、当サイトの翻訳記事がベストであろう。
#当サイトの右側の欄に以下の記事のリンクがあるので参照されたし。
1.アインランドのThe Only Path to Tomorrow
2.The Only Path to Tomorrow(pdf)
3.リバタリアンFAQ
4.アインランドインタビュー(pdf)
5.アインランドのウェストポイント講演:Philosophy who needs it?(pdf)

2.ミーゼス一派のリバタリアン

ミーゼス一派は、Ludwig von Misesをグルとする、オーストリア学派の流れも引いているリバタリアン達であり、政治家のロンポールやその息子のランドポールも同様である。ロスバードのようなミーゼス思想の唱道者もいる。
ミーゼス一派は、ミーゼス研究所を中心に活動しているが、政治的にはティーパーティー運動との結びつきも強く、おそらく政治的には最もアクティブなリバタリアン達である。
ミーゼスの教義(Praxeology)がベースにあり、金本位制を強く唱えているのもこのグループである。

3.ミルトンフリードマンのシカゴ経済学派

アカデミックにはミルトンフリードマンの経済学派は、極めて大きく、シカゴスクールを形成している。
フリードマンの著書とTV番組「選択の自由」は、レーガン政権発足の頃に発表され、当時の自由主義運動の大きな礎を作った。
ミルトンフリードマンは、アメリカにおいて最も良い意味での影響力をもったリバタリアンだと私は思う。
なお、フリードマンは自らをリバタリアンと称している。
ミルトンフリードマンの経済理論がなかったら、リバタリアニズムは具体性を欠く実体のないものだったろう。
ミーゼス一派は、このフリードマンの理論をミーゼスの教義と違うという理由で認めようとしない人間が多い。当然にフリードマンは金本位制など主張していないからだ。

基本的にフリードマンはアカデミックな学者だが、アカデミックなレベルでいうと、ハイエクや、法哲学のロバート ノージックであるとかリバタリアンとされる有名な学者はいろいろいる。
ここらへんになると、知っている人も少なく、ましてちゃんと理解できている人は滅多にいないので、あまり政治的な勢力とは呼べないかもしれない。
だから、アメリカのリバタリアンは上の3分類くらいを想定しておけばよいと思う。
ほとんどの日本人はこの3つとも聞いたこともないだろう。

20世紀までは、経済学といえば日本ではまずマルクス主義経済学が主流となり、経済学とイデオロギー的な教条が結びつくというどうしようもないものであった。
経済学も、この100年位で徐々にまともな統計データが蓄積しだし、独立した科学に変わろうとしているのであろうから、経済学をイデオロギーと結びつけるのはそろそろやめた方がよいかもしれない。

posted by libertarian at 21:00| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピーター ナヴァロ のCrouching Tiger (身をかがめる虎)

ピーターナヴァロが、トランプ政権の国家通商会議のトップに選ばれた。
ピーターナヴァロの番組、Crouching Tiger (身をかがめる虎)のシリーズがYoutubeで公開されている。
https://youtu.be/BBe2wpZqN0s

ミアシャイマーなども、この番組に出てくるが、この番組はチャイナに対する警鐘をアメリカ国内に鳴らすために作られたものだ。もちろん、選挙前に作られたものである。
チャイナの平和的台頭はありえず、チャイナの軍事的拡張と侵略の意図を明らかにする番組内容だ。

このような人物がトランプ政権の閣僚になるということは極めて望ましいことである。

posted by libertarian at 20:24| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

知将 マッドドッグ マティス

ジム マティスがアメリカの国防長官になるが、フーバー研究所のマティスへのロングインタビューがyoutubeにある。現在、マティスはフーバー研究所の研究員でもある。フーバー研究所は、スタンフォード大学の中の保守系シンクタンクである。ミルトンフリードマンなどもここの研究員を兼任していた。
マティスは、物静かな話し方をする、マルクスアウレリウスを尊敬する学者肌の将軍である。
マッドドッグというのは海兵隊における尊称にすぎないのは言うまでもない。

なお、youtubeの自動字幕生成機能をオンにして聞くと分かりやすい。
Uncommon Knowledge With General James 'Mad Dog' Mattis
https://youtu.be/pG4xEEXI78M
posted by libertarian at 11:46| 東京 🌁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ソウル アリンスキーの弟子たち

アマゾンビデオで、「ヒラリーのアメリカ 民主党の秘密の歴史」というのを見た。
監督は、デスーザというインド系アメリカ人。
primeでないので、有料ビデオだがなかなか面白かった。
ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史 -
ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史 -

この中で、ソウル アリンスキーという人間を紹介している。アリンスキーは、オバマが昔、研究対象としており、さらにヒラリークリントンの若いころからの師匠でもある。
オバマとヒラリーは、アリンスキーという共通のメンターによって結びついている。

アリンスキーは、この映画の紹介によると、自身が犯罪者であり、かつ犯罪心理を研究する研究者でもあり、そこから一種の大衆操作術、大衆扇動術のようなものを考えた人間らしい。一言でいえば頭のいいサイコな野郎だったわけだ。
オバマもヒラリーもこのアリンスキーの大衆操作術を習得し、政界でのし上がっていったと考えられる。

この映画では、ヒラリーとビルの関係についても触れている。ヒラリーにビルは操られており、ヒラリーの政界進出の道具だった。ヒラリーとビルは一種のボニーとクライドのような関係だったと指摘している。
さらに、クリントン財団の犯罪についても、証言をしている。

今後、クリントンファミリーが牢屋に入るかどうかは見ものだが、ヒラリーの国務長官時代にしたと考えられている犯罪は他国からみれば、アメリカ自体の国家犯罪になり、巨額賠償の対象になるので、闇に葬る可能性も高そうだ。

こういうのを見ると、選挙制度の根本的な欠陥は、人々が投票する人間に関して何も知らないで投票することにあるのだろう。その点、日本はアメリカ以上に立候補者の情報が分からない。


posted by libertarian at 18:20| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

身を屈める虎:ミアシャイマー、チャイナを語る

ミアシャイマーがチャイナについて語っている。
youtube の自動英語字幕機能があるので、分かりやすい。w

Crouching Tiger: John Mearsheimer on Strangling China & the Inevitability of Warhttps://www.youtube.com/watch?v=yXSkY4QKDlA
posted by libertarian at 18:15| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

ミアシャイマーによるヨーロッパ安全保障体制の分析:Defining a new security architecture for Europe that brings Russia in from the Cold

ミアシャイマーの論文"Defining a new security architecture for Europe that brings Russia in from the Cold"を読んだ。
これも今年2016年6月に発表された論文なので新しい。
http://mearsheimer.uchicago.edu/pdfs/Military%20Review.pdf

内容を簡単に紹介しておこう。
#詳しく知りたければ、ミアシャイマーの上記論文を参照のこと。ミアシャイマーの英語は非常に平易なので読みやすい。

この論文で、ミアシャイマーはヨーロッパを巡る情勢を1990-2008と、2008-現在までの2つに分けて論じている。2008年までのヨーロッパ情勢は実に安定していた。
続きを読む
posted by libertarian at 11:37| 東京 ☁| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

Lester land :Lessig

レッシグがなんとアメリカ大統領選に立候補しているとは知らなかった。
民主党から出馬しているようだ。
レッシグは、著作権の問題から、アメリカの選挙制度の問題に焦点を移したらしい。
これをTEDで説明している。
http://digitalcast.jp/v/17074/

”ABCの番組で「我々は政府が機能していないことを認識すべきだ」と強調した上、選挙資金や選挙権などの政治改革の実現を目指すとし、大統領になって関連法が実現すれば、大統領職を副大統領に譲るとした。しかし副大統領に誰を指名するかについては言及しなかった” ーーwikiより

私はレッシグはどちらかというと共和党に近いのかと思っていたが、民主党で出馬するとは少し意外だ。
まあ、どちらで出馬しても当選はしないから構わないのだろう。w
国の問題点を選挙戦の場で広く訴えることが目的なのだろう。

レッシグのブログでこの出馬理由がある。
Why I want to run
http://www.lessig.org/

私はレッシグは1mくらいのそばで見たことがあるので、是非レッシグにはアメリカ大統領になってほしい。w

社会は複雑極まりなく専門分化しているので、法学者にしか気づかない問題もある。
そういう問題を世に問うのが法学者の役割だろう。
日本の法学部の教員は判例解釈ばかりしているが、そんなものは裁判官はほとんど参考にもしないのが実情なので、法学部は経済学部同様に社会的に機能していないと言っても過言ではない。
レッシグを見習って、日本の法学者はもっと法制度の問題を世に問わないといけない。
posted by libertarian at 04:56| 東京 ☀| アメリカ政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする