2009年02月06日

Reallocation and Angel

資金の再配置の一つとして、エンジェル投資家によるベンチャー投資がある。
この資金は失敗した場合に起業家は返す必要がなく、成功した場合だけその利益に投資家はあずかることができる。
起業家にとっては、これはある種の贈与をうけるのに近い。
単なる贈与であれば、贈与税をがっぽり抜かれるが、投資であれば贈与の扱いが(たぶん)されないのがメリットだ。
このように資金が無税で再配置されることに大きな意味がある。
そもそも贈与税は、税金逃れを一切させないために生まれたものだろう。理不尽きわまりない税だ。
税によって常に社会の資金の流れの硬直性は高まる。
実際は、贈与には投資の側面があると考えられる。贈与を受ける人間は試され、投資の対象とみなされるわけだ。
泥棒が金を盗んで、それを気前よく貧乏人に分け与えるのは義侠の徒とされるようだが、泥棒を大規模に政府が法的にやっているのが現代社会だ。
だが、政府による再配分=贈与は義侠にはほど遠い。もっと陰湿で非効率なものだ。
個人が個人に対しお金を渡すのは配分ではなく、投資だから意味がある。
今は、減税か、はたまた公共投資=増税か、の議論がアメリカでは多く起こっているようだが、当然に減税が正しく公共投資は大間違いだ。こんな自明なことが議論になること自体がおかしいのだ。
http://gregmankiw.blogspot.com/2009/02/white-house-talking-points.html

posted by libertarian at 00:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

Privilege of workers

最近の不景気で、派遣や正社員の問題が取り沙汰されている。池田さんが熱心に論陣を張っているが、基本的に労働法のような規制はDeregulationが正しく、規制強化は間違いであることは間違いない。だがそもそも労働法もFDRが30年代の大不況の際に作ったもので法律のもつベクトル、法律の本質が狂っているから、これの正常化は望むべくもない。
ベストは、法律の廃止だが、それは政治的には無理だろう。
また、失業者と正社員の差別を問題にするのは正しい問題の立て方ではない。
そもそも会社が誰を採用するしないはその会社の勝手だ。大企業でもそれは変わらない。
解雇ができないようにする法的規制が問題なだけだ。このように本来、私的な契約にすぎないことへ国家がほんの少し法的に介入するだけで、このように酷いことになるわけだ。
一方の正社員に法的な特権を与え、一方の非正社員に与えなければ、この特権の違いは絶望的なほどに大きなものになる。このことは経済学の問題以前に自明だ。
民主党などは全員にこの特権を労働者の権利として与えろというわけなのだろうが、これは逆で、政府特権を与えていることが間違いなのだ。
政府特権をなくすことが唯一公平なのである。もし全員に特権を与えたら、今度は海外の人間に特権を与えるべきだという話になるだろう。こうなると話は保護貿易にまで進んでいく。
posted by libertarian at 00:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

Ethics of economics

ミルトンフリードマンを泰斗とするシカゴ学派とミーゼスやロスバードを戴くオーストリア学派は共にリバタリアンとされるが、主張の内容はかなり異なっている。
ハイエクもオーストリアンに分類されるが、ミーゼスやロスバードとはやはり立場が異なる。その点、ハイエクはリバタリアニズムの中ではわりと独自の位置づけかもしれない。シカゴスクールのメインストリームでもないし、オーストリアンの中心でもない。
さらにハイエクは特にフリードマンの考えには強く批判的であった。

Friedrich von Hayek, another great thinker in the twentieth century, was aware of this problem, which is why he did not like the phrase "laissez faire" (let the people act) or the idea that government should "not do anything." The phrase "not doing anything" is puzzling and may cover contradictory policies. Even from the anarcho-capitalist perspective, a modern state has a very important job to do. It should disappear from society, but still this is something that has to, in some sense, be "done."
http://mises.org/story/2442

そもそも政府が存在するのであれば、レッセーフェールのようななにもしない政策も政策の一つに過ぎないわけだ。

ミルトンフリードマンの大恐慌の分析などは、従来からオーストリアンの解釈とは大きく異なっている。
両者の意見はいまだに対立したままだ。
フリードマンは基本的に大恐慌は政府の失敗の結果としており、このことは政府がうまくやればあんな酷いことにはならなかったことを意味している。つまりフリードマンは政府の介入には賛成であり、介入のやり方にマーケット機能を活かすうまい下手があるだけという話になる。
実はフリードマンはニューディール政策もやり方はまずかったとしても基本的には支持していた。

"The other part of the new deal policy was relief and recovery … providing relief for the unemployed, providing jobs for the unemployed, and motivating the economy to expand … an expansive monetary policy. Those parts of the New Deal I did support. (…) Because it was a very exceptional circumstance. We'd gotten into an extraordinarily difficult situation, unprecedented in the nation's history. You had millions of people out of work. Something had to be done; it was intolerable. And it was a case in which, unlike most cases, the short run deserved to dominate."
(Milton Friedman)
http://www.pbs.org/wgbh/commandingheights/shared/minitext/
int_miltonfriedman.html#7


マネーサプライ政策なども、フリードマン唱えたの正しい金融政策の一つだ。
しかしこれは今回の経済危機でうまくいっているとは言えそうにない。

そもそも過去の分析からいえることは、駄目なやり方はなにかであって、良い施策が何かではない。
例えば、企業コンサルタントなども過去の企業事例には詳しいから駄目なやり方はしっているが、うまいやり方はしらない。また過去のエクサレントカンパニーのうまいやり方を知っていたとしても、それは過去にうまく行ったのであって今うまく行くとは限らない。さらにいえば過去にうまく行かなかったものでも、時と場所を変えればうまくいくかもしれない。

結局、現象を現象としてみる限りは因果関係はなにも分からないわけだ。
因果関係が分からなければ、過去の現象から言えることは何もない。
この問題は、社会現象を論じる際の根本的な困難さを表していると思う。
そもそも社会現象に対して因果関係を決定する方法は存在しないはずだ。相関分析はせいぜい因果関係の可能性を示唆するに過ぎない。相関関係から因果関係を決定する方法は、主観のはいらない物理現象に対しては存在しても、社会現象には原則存在しないはずだ。

ただ物理でもカオス現象になるとお手上げだが、通常の状況ではある程度正確に予測可能なことはある。
経済学も、今のようなカオス状況ではお手上げでも、通常の状態ではある程度論理的に説明できるだろう。
カオス状況では、短期的な予測も全く立たなくなるので、激しい不安心理を生む。さらにこれがどれだけ続くのかが分からないのが厄介で、例えば1年我慢すれば回復するとか分かっていればそうはならない。
今のウルトラHighVIX市場が数年続くことはないと期待しているが、もしこれが3年も続いたら、市場機能そのものが否定されるだろう。

重要なのは、具体的な施策内容ではなく経済モラル(または倫理)だろう。経済モラルのない無法な政策がまかり通れば、将来よい結果が生まれることはあり得ない。
リバタリアン的には、その判断基準は、property rightを侵害するか否かということになる。
金融政策もインフレによって財産権を侵害できるが、より直接的な税制を0クリアすることが必要だろう。
つまり、全ての税金を0にするのだ。政治なんぞは手弁当で十分だ。
案外もしかしたら経済危機の根本原因は税制度にあるのかもしれない。住宅バブルなどは、税控除制度によって間違ったインセンティブを強烈に与えているのが大きな原因だ。少なくとも税によるlegal theftと、控除制度などによる間違った経済インセンティブがつもりつもって、経済に歪みを生んでいることは間違いない。

金融政策でも財政政策もだめなのは過去に学んだことであり、金融危機とは税制度を0クリアすべきシグナルとみるべきではないか。
posted by libertarian at 21:38| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

Marx or Mises?

David FriedmanのBlogの最近の記事で次のが興味深い。DFの電子ガジェットねたはつまらないので、もっとこういうまじめ?な記事を書いてほしいと思う。
How to promote liberty
Executive Compensation and the Economics of Insurance

やはりDFは、傾聴に値することを言っている数少ない経済学者だ。今の経済危機の状況ではっきりと分かったことは、DFやオーストリアン以外の経済学徒はみな中道の社民主義者だということだ。ポズナーもリバタリアンというよりは社民主義に近い。とくにマンキューはハーバードらしく日和見的な社民主義というところか。経済学を理解することとリアルな経済、すなわちマーケットを理解することは全く異なることなのだろう。

日本では、多少の学があるなしに関わらず自由主義というのが全く理解されていないから、自由主義をpromoteする以前に、自由がどうこう言っても理解される可能性はない。
日本では60歳前後の世代ではマルクスは結構読まれているらしいから、マルクスとリバタリアン(ハイエクも含めて)、その類似性からリバタリアニズムを適当に曲解している連中が多い。
実際、表面的にはマルキストとリバタリアンは似たようなことを言っている。

次のMarx or Misesというサイトは、ある文章を読んで、これはマルキストの言葉か、オーストリアンの言葉かを判定するクイズで、全10問。
http://economicliberty.net/cgi-bin/marxormises.pl

これが、意外と難しいというか、両者が表面的には似ている(あくまで表面的にだが)ことがわかる。
要するに日本では、こういうレベルでのマルキズムとの混同があって、アホな左派がリバタリアニズムを誤解しているケースがまま見られる(笠井潔など典型的だ)。
ようするにリバタリアニズムは関心の多少ある人間にも、きわめて表面的にしか理解されていないのである。自由主義が単純だという人間は、その人間の理解が単純なだけである。


追加だが、今の経済学者に対する批判として次の記事も的を得ていておもしろい。
Has the World Gone Completely Mad (Again)?
http://austrianeconomists.typepad.com/weblog/2008/12/
has-the-world-gone-completely-mad-again.html

posted by libertarian at 01:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

Unlearn that and Learn this

 

教育システムはほぼ完全に左派に簒奪されており、自由への脅威の最大要因となっているのは間違いない。
政府に対する信頼と権力への追従、公益なる概念への無批判の追従、全体主義道徳の刷り込みと、ありとあらゆる面で、学校システムは国民を従順で愚かな奴隷にすることが、その目的だ。
教育システムは社会的に無価値どころか巨大なマイナスを作り出しているのである。高度成長期にはそういう人間が社会的に大量にいたが情報社会では違うと言われ続けてきたが、私の印象では、この傾向は前より強まっている気がする。
そして現状では全ての人間が学校教育という洗脳過程を経て社会に出ることになる。

そのため、どこかで学校教育をUnlearnする必要が必ずある。
だが、Unlearningというのは、かなり大変なことだ。
子供の頃からすり込まれた信念、偏見は消しがたい。Unlearningには、過去に投入した時間や努力のサンクコストを捨てる努力が必要だ。とくに歳をとればとるほどそれは心理的に厳しくなるだろう。そもそも他の皆と同じようなことを思って感じていることが大衆には居心地が良くリスクが少ないのだ。特に全体主義社会では、それが社会常識ともなる。

結局、Unlearningの過程では少しずつ間違いを学びながら、考え続けるしかない。
また日本では、そういったことを学ぶ機会がどこにもないし、本もあまりでていない。
だからリバタリアンとしては、そういうものを多く紹介するという地道な活動を続けるしかない。

蔵研也氏が、Freedonomicsを紹介しているが、これなども良い教育価値があるものだ。
http://www.gifu.shotoku.ac.jp/kkura/Freedomnomics%20summery%20trans..pdf

レヴィットの「やばい経済学」という本のデタラメさを的確、冷静に批判している点や、正しい経済学的な思考について、普通の人にはレビットの愚本よりも遙かに驚くべき事実が書かれているに違いない。

学問とは、複雑難解な数学的技術を駆使してかっこいいことをいうことだと思っているとしたら大間違いだ。それとは正反対に複雑難解な事象から、シンプルな事実を見いだすことが学問である。このことはファインマンのような一流科学者のエッセイを読むと実感できる。

そもそも近代経済学は、文系人間の数学コンプレックスを利用して今の地位を築いたわけだが、それらは本職の数学者からみれば、無内容なこけおどしにすぎないと見られることが多いのだ。
むしろ経済学で重要なのは、独特のロジックだ。経済学には経済学特有のロジック構成があるので、これを知るのと知らないのでは大違いだ。

オーストリアン〜リバタリアン経済学は、エセ数学アプローチを否定し、価格理論を中心としたロジカル経済学を唱えてきたわけだが、非ロジカルな数学的アプローチ(近代経済学)よりもロジカルな非数学的アプローチ(オーストリアン)の方が正しいのは自明だろう。ロジックを無視して人工的モデルで現実を代替して語ろうとしても時間の無駄である。

またBastiatの「見えるものと見えないもの」と、「ロウソク職人の請願」も翻訳されていた。一読をお勧めする。
http://www.gifu.shotoku.ac.jp/kkura/seen,unseen,bastia.pdf
http://www.gifu.shotoku.ac.jp/kkura/bastiat%20pepetion.pdf

#これらは、私も以前少し翻訳したのだが、中途半端で公開するに至らなかった。
 
 
posted by libertarian at 14:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

Bailout is unconstitutional

Which section of the U.S. Constitution gives the federal government the power to bail out banks? If you don't know, it could be because no constitutional authority exists for such an action. It is all too common for both Congress and the executive branch to ignore that the Constitution limits what they can and cannot do.


The United States is not a parliamentary democracy; it is a constitutional federal republic, giving basic rights to the people and limiting the powers of government. America's Founding Fathers understood that simple majoritarian democracy could trample the rights of minorities and could lead to tyranny. One of the major reasons for the relative success of the American republic is the difficulty of making significant changes in the government structure and policies. Many find this frustrating, but it allows momentary passions to cool and a more deliberative process to take place. As a result, fewer mistakes are made, in contrast to many parliamentary democracies. Because it was more difficult to put socialist schemes in place in the U.S., such as the nationalization of major industries, the people observed the failure of such programs in parliamentary countries, which diminished the enthusiasm for doing it in America.

http://www.cato.org/pub_display.php?pub_id=9772

bailoutは合衆国憲法に違反しているという指摘。
アメリカは議会制民主主義(parliamental democracy)ではなく、立憲制連邦共和国(constitutional federal republic)であると書いてあるように、この違いは実はものすごく大きい。

ハイエクが、constitution of libertyで書いたのは、アメリカの立憲制連邦共和国の意味だが、日本人でこの違いを認識している人間はまずいないだろう。

FDR政権によって、このconstitutional libertyは消滅の危機に遭遇したわけだが、なんとか持ちこたえた。
しかし、今度のオバマ政権でも持ちこたえる保証はない。
アメリカのconstitution of libertyは今深刻な危機に直面している。

posted by libertarian at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

Greenspan changed?

ニュースによるとグリーンスパンは自由市場主義の誤りを認めたとかなんとか書いているが、次のWSJのグリーンスパンの書いた原稿をみると全然そういうわけではないらしい。


October 23, 2008
Greenspan Testimony on Sources of Financial Crisis
Former Federal Reserve Chairman Alan Greenspan is set to testify today before the House Committee of Government Oversight and Reform. These are his prepared remarks:

http://blogs.wsj.com/economics/2008/10/23/greenspan-testimony-on-sources-of-financial-crisis/
この最後にこう書いている。
This crisis will pass, and America will reemerge with a far sounder financial system.
だが、これはやはり次の政権の出方次第のように思われる。
 
posted by libertarian at 17:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

The age of Turbulance

遅まきながらグリーンスパンの「波乱の時代」を読んだ。
といっても上巻をとばして下巻を読んだだけだが、なかなか面白かった。
この本も私的財産権と法の支配の重要性を繰り返し書いており、先に紹介した本とオーバーラップしている印象が強い。
#この本でもアンガス マディスンが取り上げられている。


内容は多岐にわたっているが、「教育と所得格差」の章について感想を少々書いておく。
アメリカでは初等中等教育が(日本と同じ公教育制度なので)レベルが非常に悪く、大学などの高等教育はよい。これによる高学歴者とそれ以外の人間の知識レベル、知的レベルの落差が激しいようだ。(読み書きが十分にできない人間が多いということで、この点は日本とは異なるようだ。日本はまだ平均的にはレベルが高いだろう。)
つまり学校制度の悪さが所得格差を拡大している。

これに対して、スキルをもった世界の人材に、アメリカの市場の門戸をいっそう開くという道をとるべきだとしている。実際、アメリカに生まれれば、いかにできの悪い人間でもインドの大秀才よりはるかにゴージャスな暮らしができるのは、一部の優秀な人間のおかげなのだ。つまり馬鹿を養うには悧巧な人間を沢山入れる必要があるのだ。
また世界的にも、スキルの高い人材とそれ以外の人材の所得格差が拡大しているとういうのだが、日本の実情はあまりそのようには思えない。

これは日本が旧来の製造業体質の価値観から転換ができないためだろう。
本来、コンピューターのような高度なハイテク業界は、高スキル業界として人材を遇するべきだが日本はIT土方としてしか扱っていない。
大体プログラマーを馬鹿にする差別的な風潮が強いのが不思議だ。コンピューターはプログラムに始まってプログラムに終わるものであり、プログラムこそが難しいということが理解されていない。

さらに外国でMBAなどを取得してきた人間に対しても、全く大した活躍の場を与えていないし、仕事の知的レベルを上げていこうという意欲が大企業にない。
未だに大学教育の内容は企業においては使うあてのないもので、選別のための箔にすぎないのが現状だろう。例えば経済学を仕事で使うサラリーマンなど皆無だろう。
つまり日本は知識社会にはまだなっていないのだ。
未だに製造業国家を標榜しており、本来の知識産業における競争をしていないわけだ。
また今後もなることはないだろう。もはや日本は終わりである。

posted by libertarian at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

Criminal class


There is no native criminal class except congress.
-Mark Twain
posted by libertarian at 19:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Marx on Politics

かの天才マルクスは次のように語った。

"Politics is the art of looking for trouble, finding it everywhere, diagnosing it incorrectly, and applying the wrong ."

「政治とは、問題を探し、それをあらゆるところに見出し、誤診し、それから誤った治療法を適用する技術である。」

さすが、天才G.Marxである。
ちなみに、これは、史上最低最悪のジャーナリストにしてデマゴーグのKarl Marxとは別人の、天才グルーチョ マルクスの言葉だ。

posted by libertarian at 19:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

The Elusive Quest for Growth

エコノミスト 南の貧困と闘う


エコノミスト 南の貧困と闘う
ウィリアム イースタリー著

イースタリーの著書を読んだ。
イースタリーについては、本Blogでも何度か言及しているが、まとまった本を読んだのは今回が初めてだ。
この本のプロローグでは次のようにかかれている。

”不老不死の霊薬が根も葉もないものだったように、我々エコノミストも、経済学の基本原理に反する処方箋をあまりにしばしば主張しすぎたのではないだろうか。問題は、経済学が失敗したのではなく、実際の政策に経済学の基本原理を適用するやり方を間違ったのだ。
経済学の基本原理とはなんだろうか。むかしから言われているように、「人間はそうすることが経済的に見合うことはするし、見合わないことはしない。」のだ。
スティーブン ランズバーグは「ランチタイムの経済学」という素晴らしい本の中で、経済学の基本原理を「人はインセンティブに反応する。それ以外は付随的な注釈に過ぎない」と喝破している。”


まさにこの本の主張は、この文章とランズバーグの言葉に集約されている。

この本はイースタリーの2001年の著作であるが、先に紹介した「豊かさの誕生」は2004年の本だ。
#この本でも、Angus Maddisonの研究が紹介されている。
おそらくバーンスタインの本で主張されている発展の4条件(私的所有権と法の支配、通信交通、資本市場、科学的合理主義)の方が、よりまとまった発展概念を集約していると思うが、インセンティブとは、私的所有権が社会制度として確立された条件で初めて反応するに足るものになるということで、インセンティブに先立つ前提条件=深層構造といえるかもしれない。
#こういった認識は今では、広がりつつあるのであろうが、それでもサックスのようなおりこうさんの偽善学者の登場は後を絶たない。イースタリーから見ればサックスは過去を知らずに同じ誤りを繰り返す愚か者でしかない。


この本は、実に興味深い実証的な話が読みやすく紹介されているのであるが、少しだけ内容を紹介しておく。

「教育は成果をもたらしたのか」という4章では、「過去40年間の教育拡大の効果は期待はずれの結果に終わった。」とし、これ自体は、成長へのインセンティブを生まないと結論している。
#実際、アフリカの残虐な独裁国家の独裁者は、アメリカの大学に留学した教育レベルの高い人間だったりするわけだ。
「遅まきながら、成長へのインセンティブが欠けているために、機械や教育が増えても経済成長が起こらないのだと気づき、国際社会は別の考えをとるようになった。機械や学校を節約するために人口増加を抑制するべきだというのである。」


そして「コンドームへの資金援助は必要か」という5章で、これはマルサスの人口論を元にした人口抑制モデルによっているが、マルサスモデルのいう人口増加が豊かさの抑制要因になっているという説は間違っていることをデータで実証した上で、さらに、なぜコンドームを配ってもそれが利用されないかは、単純に貧しい国では、子供を沢山欲しいと思っているからだとデータで喝破している。
またエイズのような、10〜20年後に死ぬかもしれないリスクを恐れるのは、平均寿命の短い国では馬鹿らしいことなのだろう。


こういった50年以上にわたる、国連を中心とした先進国の経済学者による膨大な税金を使った壮大な実験によってわかったことは、経済発展を計画することは無駄だと言う自明の結論でしかない。

さらに、私が根本的な疑問として思うのは、イースタリーの議論自体が、前提として、貧しい国と豊かな国という分類をした上で、貧しい”国”を豊かにするにはどうすればいいかという問題の立て方をしている点にある。なお、これは「豊かさの誕生」でも思ったことだ。
”国”という国連が認めたNation State単位で”個人”の豊かさを問題にする必要があるとは思えない。

もし、私的所有権がないために、インセンティブに反応する意欲を欠くのであれば、有能な人間は、アメリカなどの先進国へ行って働くのが最も合理的だ。実際、インドの優秀な人間がアメリカで大成功をおさめ、その成功を今は故国にフィードバックしようと頑張っている。
腐敗した政府が支配する母国なるものに、”国民”となる個人をバインドさせる必要がない。

要するに、こういった貧しい国に生まれた貧しい人たちを、豊かにさせるうえで、Nation Stateという架空の単位での繁栄を目的におくこと自体が、根本的に間違っているだろうということだ。

むしろ、自由貿易と人材の自由の流入を先進国が積極的に推進することで、”出稼ぎ経済”を発展させることが現実的かつ結果的に最善の策だと思う。
そもそも経済発展の目的はあくまで個人であって、”国”といった架空の存在ではない。目的を履き違えてはいけない。
日本でも、昭和くらいまでは地方の人間が”国”もとを離れて、都会に出稼ぎに行った。日本の中での地域共同体も意識の上では国であり、国内の移動の自由と、1国内の自由貿易体制によって地方の”国”も潤っていったわけだ。
国という概念は、元来がその程度のものだ。

社会条件というのは地理条件や歴史条件とも結びついており、それを個人が変える事は絶対にできないが、移動の自由が保障されていれば、貧しい国の人間でも”合理的”に行動ができるのだ。

また今は、LCC(Low Cost Carrier)の登場で、国際移動に要するコストがすさまじいレベルで低下している第2の移動革命の時期だ。
インターネットの登場による通信革命により、通信コストは数十分の1になったが、飛行機などの航空運賃の価格破壊も既存の10分の1といった驚くべきレベルで進行している。これは国際レベルでの出稼ぎ経済を実現するインフラとなる。
#日本にはLCCはない。これも当然に規制のせいだ。

今、ドバイなどの国には周辺国の出稼ぎ労働者が集まっているが、これによって周辺国も潤っているのである。
ドバイが、自由貿易体制をとっているがゆえに、こういった労働者の移動も自由なわけだ。

今後も、国(nation state)単位での経済発展モデルを考えても、成功はしないだろう。
むしろハブとなる自由貿易体制の豊かな国を中心として、周辺国の出稼ぎ経済を発展させる方が正しいと思う。
そうなったとき国連の役割はなにもないと分かるはずだ。

続きを読む
posted by libertarian at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

Ron Paul and Frank Zappa on the Danger of American Fascism


Ron Paul and Frank Zappa on the Danger of American Fascism

http://jp.youtube.com/watch?v=6gLDzDklTRU&NR=1
posted by libertarian at 23:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

Liberty and Legal rule

アナルコ キャピタリズム研究で、ピエール ルミューの「無政府国家への道」という本の紹介をしている。
こういう地道な紹介は意義があることだ。
私も、この本は持っていたが、先の推薦リストには記入し忘れた。この本も当然にお勧めだ。

この本の序論の枕詞にはジョルジュ リベールの次の言葉が使われている。

「法に服従して生きる人間は知らず知らずのうちに卑しい心になる」

実に至言だ。これはコンプライアンス騒動の現在とその行く末を的確に表しているだろう。

私はリバタリアニズムを学ぶことは、自由主義の基本的原理をいろいろなケースに当てはめながら、基本原理を再確認する作業に他ならないと思っている。これはこれで難しいことだ。
このことは車輪の再発明とは違うし、この作業は日本では殆ど誰もやっていないことである。
何でも分かったような顔をして、これをオリジナリティがないなどとうそぶいている人間はリバタリアンではないし、そのように自称(詐称)すべきでもないだろう。

posted by libertarian at 23:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

Fight Monkey with machine guns

日本政府(=司法+立法+行政)の愚劣さと卑劣なメディアの翼賛体制を見るにつけ、怒りを通り越してあきれかえるしかない。もはや日本は終わっているとしかいいようがない。

立法、行政、司法といった政府権力は、族ではなく”賊”といった方が適切であろう。
この3権を称して”三賊”と呼ぶといいかもしれない。さらにメディアはそれにこびへつらう下賊である。
これは、バスティアが”法”で書いたLegal Plunderの世界を大規模にしたものである。その点、政治世界は堕落こそすれ、全く進歩などしない。

今のDemocracyという法システム、もしくは社会システムに根本的な欠陥があり、政府に無条件に権力を与えすぎているということだ。アメリカのConstitutionalismとは、この権力の抑制の仕組みに他ならないのだが、これはやはりハイエクがLLLで書いたようにもはや完全な失敗に終わった実験であろう。ハイエクのLLLは、Constitutionalismが明らかな失敗に終わったために、新しい制度的発明の必要があるとして書かれたものなのである。
しかしハイエクのLLLがその新しい制度的発明として成功しているとは言い難いが、リバタリアニズムとはこういった問題意識を背景として生まれてきたものだ。


それでもアメリカのConstitutionalismもF.D.ルーズベルト政権になる前までは無傷だったのだが、FDRのファシズム政権によって致命傷を負ってしまった。レーガンが連邦最高裁のChief Justiceに任命したレーンキストのNew Federalismによって、徐々にConstitutionalismは回復に向かうかにみえたわけだが、いったん壊れてしまったガラスは完璧には元通りにはならないということか。
しかしそうはいってもアメリカには日本よりは可能性がある。ランディ バーネットがいうようにアメリカ憲法は、少なくとも政府権力と戦う武器にはなるからだ。
その点、日本は権力と戦う武器が一切ないし、はじめからない。
権力の前には理屈も通らないし、学問も無力である。
”長いものには巻かれろ”という格言?は、日本のそういう歴史的な現実からきた言葉なのだろう。つまり戦うことが不可能であれば権力の言うままににするしかないということだ。
だが、これも当然に間違いである。
やはり馬鹿になって戦うのが人間のあるべき姿だろう。だが、どうやって?

# monkey with machine guns とは、”機関銃をもった猿”のこと。下記参照。
http://yamaguchi-law-office.way-nifty.com/weblog/2008/07/post_7337.html

posted by libertarian at 21:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

Global warming swindle

池田さんのBLOGで紹介されていたが、これは必見。
80分の番組が8つに分割されている。1/8〜8/8まで見るように。

Every libertarian should watch this program! ↓
Global warming swindle
http://jp.youtube.com/watch?v=hUKLOvtAUDk&feature=related

この番組にも触れられているが、私がもっとも危惧しているのはアメリカが環境ロビーに屈服してしまったことだ。
さらにオバマのような民主党政権になればこの動きは加速こそすれ、収束することなど考えられない。
この問題(すなわち地球温暖化は人為的なCO2排出が原因だというデマ)はあまりに大規模な世界的なファシズム運動となっており、また、すでに法律やら条約やらで既成事実とされてしまった部分が大きすぎる。
これを軌道修正するのはとてつもなく困難だ。仮にマスコミが温暖化問題に興味をなくしても、法律や条約は残るからだ。
こういった巨大な政治的な動きに対抗するには、どこかに強力なヒーローが現れる奇跡を待望するしかない。

こういう国家犯罪を考えると腹が立ってしかたない。こういう時は次のビデオでも見ると和む。
http://jp.youtube.com/watch?v=iO-12GXgeS0
http://jp.youtube.com/watch?v=g93MMg_At6c&NR=1
posted by libertarian at 00:15| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

Recommended Libertarian books

リバタリアニズム関係で日本語の本でお勧めのものを簡単に列挙してみた。
ハイエクの本以外は、読みやすく取っつきやすい。
絶版のものも混じっているが、図書館でなら借りられるだろう。
#日本人の書いたものでは、残念ながら私の知る限りほとんどお勧めできるものはない。
解説書を読むのでなく、まずは、ハイエクやフリードマンらの古典的な原典にあたるべきである。その方がずっと分かりやすい。
しかし一冊だけ、越後和典氏の本を挙げておいた。
#あとロバート ノージックの「アナーキー、国家、ユートピア」は敢えてあげていない。


ハイエク、フリードマン、バスティアといった本は、かのロナルドレーガンもほとんど読んでいたようだ。だからレーガンはリバタリアンなのだ。
#レーガンは元映画スターで派手に見えるが、相当なインテリの読書家だったらしい。

要するに、自分をリバタリアンだなんだと自称する前に、リバタリアニズムの重要な本を徹底的に読みこむべきだと思う。自分のリバタリアニズムのGuruを自分で勝手に作るべきである。そして論文や単位のために勉強するのではなく、長い時間をかけて自由の哲学を考えるべきだと思う。リバタリアンの先達も皆そうしてきたはずなのであるから。


○ハイエク
 隷属への道
 ハイエク全集 (特に次の2つ)
  自由の条件 1−3
  法、立法、自由 1−3
 貨幣発行自由化論
 ハイエク、ハイエクを語る

エイモン バトラー
 ハイエク 自由のラディカリズムと現代 

○ミルトンフリードマン
 資本主義と自由
 政府からの自由
 選択の自由
 実証的経済学の方法と展開
 貨幣の悪戯
 インフレーションと失業


○デビッド フリードマン
 日常生活を経済学する
 自由のためのメカニズム


最強の経済学者ミルトン フリードマン(エーベンスタイン)


○スティーブン ランズバーグ
 ランチタイムの経済学
 フェアプレイの経済学


○アインランド
 肩をすくめるアトラス
 水源


○越後和典
 新オーストリア学派の思想と理論 


○ラッセル ロバーツ
 インビジブル ハート 


○トマス ソーウェル 
 入門 経済学


○マレー ロスバード 
 自由の倫理学


○フレデリック バスティア
 法
https://libertarian.up.seesaa.net/rand/THE_LAW.pdf

○ディアドラ マクロスキー
ノーベル賞経済学者の大罪

posted by libertarian at 22:38| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

Why individualism?

欧米社会の個人主義はキリスト教的伝統であり、東洋にはそぐわないのだといった軽薄な議論は、多くあるし、今も根強い。

だが、欧米も長いこと社会主義が隆盛を極めていたわけで、社会主義では個人主義などありえない。むしろegoismの対極としての利他主義(altruism)はキリスト教文化では顕著だ。

個人主義とはキケロからの政治的哲学として大事にされている原理であって、キリスト教的なものではなく、まして人間関係に関する感覚的なことをさしているわけではない。

リバタリアニズムがキケロよりの個人主義の伝統を重んじ、ハイエクがキケロ以来の個人主義の伝統が失われていると嘆いたのは、この政治哲学としての個人主義である。これは決してキリスト教的なものではない。
政治が個人主義の原理を失えば、即、全体主義に政治が向かうことが明らかであるために、個人主義は必要不可欠な原理と考えられたのだ。

これは自明ではない政治哲学的な発見の一つと考えられる。
つまり、社会全体をよくしようとすれば必ず社会全体がだめになり、個人を最適化すれば社会全体がよくなる。ここで個人の最適化とは個人の自由を最大化することを意味する。

社会全体の福利を目的関数とする設計主義はローマの昔からあり、今も根強いわけだが、個人主義というのは、これにたいするanti-constructivisticな発見といえよう。

キケロはそれを明確に述べた政治哲学者だった。

例えば キケロはこういっている。

最も厳しい法律は、しばしば最も深刻な誤りを引き起こす。
  
法律をより多く制定すれば、より少ない正義に結びつく。
  
官界の傲慢は、手なずけ、そして、コントロールされなければならない...

政府が強力になる時...、それは無実の者の口からパンをとる強奪者であって、そして、それ自体を恒久化するために、尊敬すべき人間から投票に必要な彼らの財産を奪う。


我々は自由でいられるように、法の奴隷となっている。


自由の本質は自分の選択によって生きることである。


個人主義とは政治哲学的な原理として狭く考える必要がある。
これはアインランドでも同様だし、リバタリアニズムでも同様だ。

posted by libertarian at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

Importing Industrial Revolution

明治維新の最大の意味は、開国によって海外の産業革命の成果を輸入したことであるが、当時の日本は、維新(1867)からのほんの30年間ですごい勢いで海外技術を輸入している。
ミルトンフリードマンは、1910年くらいまでの日本は完全なる自由貿易体制だったと言っているが、この時期に日本は自由貿易の恩恵を存分にうけることで海外に技術的にキャッチアップしようとしたのである。
戦争経済と貿易保護主義、関税主義というのは完全に結びついている。
リバタリアンFAQには次にように書いてある。

”自由貿易は世界平和をもたらすことにも貢献する。1920年代から1930年代の間で、貿易障壁が世界中に行き渡ってしまったことで、それが直接的に第2次世界大戦を引き起こしたのである。
もし商品が国境を渡ってこないのなら、軍隊が国境を越えてくるであろう。”

これは歴史的な事実が常に示すものである。
posted by libertarian at 13:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lessons to Bill Gates

 

Creative Capitalism  - A conversation
http://creativecapitalismblog.com/

ビルゲイツの講演に対して、なかなか錚々たる経済学者達がコメントを寄せている。
たとえばスティーブン ランズバーグや、ゲイリーベッカー、リチャード ポズナー、ビル イースタリー等々である。


ゲイツの考えは、おそらくジェフ サックスの考えに近く、実際に影響も受けているだろう。きっとサックス一派に、そそのかされもしたに違いない。
だが、ビルゲイツも馬鹿でなければ、このサイトにある経済学者達のコメントから自分の考えをある程度は反省することができるかもしれない。

ゲイツの考えとは、今までのCapitalismは欠陥があるし、世の貧困や貧富の格差を解決できていない。だからより創造的な新しいCapitalismが必要だという趣旨で、よくある金持ちのフィラントロピックな考えだ。

だが、ランズバーグやイースタリーが批判しているように、従来の資本主義は一般に誤解されているよりもはるかによく機能しており、問題は資本主義ではなく、自由な市場、自由な交易を制限しようとする統制経済への動きが常にあることだ。
つまり本来の自由市場主義は十分にCreativeであり、これを上回るものはないといって過言でないのである。
問題は本来の自由市場主義が政治的になかなか実現されないということにつきる。

posted by libertarian at 13:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

Smoking, Liberty and Health Fascism

前にも紹介したが、ピエール ルミューの以下のリンクは、非常に重要だ。

http://www.pierrelemieux.org/re-smoking.html

喫煙の問題を愚行権の問題とか言っている、自称リバタリアンがいるが、結局のところ全く何もわかっていないらしい。

”After echoing a few scientific doubts about the danger of tobacco, and especially the very fleeting second-hand smoke, I have tried to show that, even if we accept the dreadful claims of government propaganda, coercive public regulation of production and consumption of tobacco has no rational basis but the glorification of state paternalism and its growing power. As we know it at the end of the 20th century, the state is, much more than tobacco, a very real public health problem. ” - Pierre Lemieux

誰が言っていたのか忘れたが、次の言葉はWitに富んでいる。

「何が一番健康に悪いかって? それは生きていることだ。」

posted by libertarian at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

Iran and President McCain

Thomas Sowell(トマス ソーウェル)の次のコラムを読んだ。
冷静なソーウェルにしては、かなり危機感に満ちた文章だ。


Obama and McCain
http://jewishworldreview.com/cols/sowell060508.php3


トマス ソーウェルは、現代最大のテロ支援国家イランによる核爆弾開発問題が、世界の最大にして喫緊の課題であるという。
この危機に可能な限り迅速に対応しなければ、世界はヒットラー以上の災いが台頭することを見逃すことになり、もし、テロリストの手にイラン経由で核爆弾が渡れば、911も子供の遊びのようなものに見えることになるだろうという。

この対応には、今回のアメリカの大統領に誰を選ぶかが極めて重大な決断となる。遊びは許されない。


この結論は明白であり、マケインを大統領に選ぶしか選択肢はないのだとしている。


"Senator John McCain has been criticized in this column many times. But, when all is said and done, Senator McCain has not spent decades aiding and abetting people who hate America.


On the contrary, he has paid a huge price for resisting our enemies, even when they held him prisoner and tortured him. The choice between him and Barack Obama should be a no-brainer. "

posted by libertarian at 17:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Drastic Effect of NAFTA from 1994

NAFTA(North America Free Trade Agreement)がいかに劇的に経済を向上させたかというチャートがある。
1991年に議論が開始され、1994年にNAFTAは発効された。
このチャートに示されるとおり、それを境に経済が劇的に上向いた。
これは、自由貿易がいかに重要なものかということを示している。

今の民主党の論調は、労組の影響もあるのだろうが、このNAFTAがアメリカの賃金レベルを低下させているというのがある。
この筆頭がデヴィッドシロタのような札付きのデマゴーグ連中である。
だが、シロタだけでなくObamaもクリントンもNAFTAの見直しを掲げている。
こういった連中も、Globalizationの弊害とかを本気で信じているようだ。
この雰囲気はかなり不気味である。やはり今回の大統領選でオバマ民主党になるとかなりまずいことになるだろう。

http://www.rossputin.com/blog/index.php/2008/06/20/free-trade-is-good-for-us


Series Id:     CES0500000031
Seasonally Adjusted
Super Sector:  Total private
Industry:      Total private
NAICS Code:    N/A
Data Type:     AVERAGE WEEKLY EARNINGS, 1982 DOLLARS
CES05.gif








posted by libertarian at 12:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

Final Tax Return

アメリカでは、税制が常に選挙の政策論点になるが、これはアメリカが基本的に源泉徴収でなく確定申告(Final tax return)制度だからだろう。
この日本の源泉徴収制度はきわめて邪悪なものである。

日本は憲法で、ふざけた事に納税を国民の義務とうたっているが、100歩譲って国民の義務だとしても、税を払うことと、いくら払うかは同じことではない。
税をいくら払うかは、常に政策論点の中心になければならない。


この点、高橋洋一氏の日本の財政タカ派の嘘に関する記述は是非読むことをお勧めする。
#実は、これもミルトンフリードマンやそれに続くリバタリアン達が言っている論理と同じなのである。

posted by libertarian at 01:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

Mankiw on Cutting Corporate Income Tax

マンキューの次のNYTimesの記事は面白い。一般向けの記事だがレベルが高い。

Cut the Corporate Income Tax

ここで書かれてるように、金持ちの企業から税金を取れというのは間違っている。
なぜなら、企業への課税は、結果的に個人へ課税するのと同じ結果になるからである。
つまり、個人は所得税に加えて法人課税分の税金も払う羽目になる。
これは経済学の基本が分かっていればきれいに導き出せる。
こうなるのは決して悪辣な企業の悪巧みでなく、無から有が生じないのと同じく経済法則上、どう頑張ってもそのようになる。
#しかし日本人でこのことを分かっている人間はあまりいないかもしれない。


もっとも法人課税の全部が一般消費者負担となるのではなく、法人が負担している税=Aと、一般個人が負担するトータル=Bを合わせてA+B=法人課税額となる。だが、この法人課税の負担割合(A:B)は一般的には決まらない。しかしマンキューのこの記事で紹介されている最近の研究によれば、法人課税を1ドル上げると、平均的な所得を92Cents押し下げることになるらしい。
なお給与所得が減るのも、給与が変わらず所得税がその分増えるのも同じなので、これは実質的に個人所得税の増税に等しい。

” After examining data on more than 50,000 companies in nine European countries, they concluded that “a substantial part of the corporation income tax is passed on to the labor force in the form of lower wages,” adding that “in the long-run a $1 increase in the tax bill tends to reduce real wages at the median by 92 cents.”


マンキューは、法人税の大幅減税を公約に掲げるマケインをこの点で評価している。つまりオバマのように所得税減税をうたう方が一般受けしてポイントを稼ぎやすいが、実は法人課税を減らす方が、個人の所得税を減らすよりも経済効果は大きいのだと説明する。


the corporate tax is particularly hard on economic growth. A C.B.O. report in 2005 concluded that the “distortions that the corporate income tax induces are large compared with the revenues that the tax generates.” Reducing these distortions would lead to better-paying jobs.


しかし、減税がまともな選挙争点とすらならない日本と違って、アメリカの選挙は常に税金問題が主要論点となるのには彼我の違いを大きく感じる。

posted by libertarian at 20:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

Constructivistic Suggestions


次の大前研一氏のコラムは力作だ。Read it!

http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz08q2/572889/


これによると金融庁構想を時の小渕首相に提言したのは大前氏で、これは債権処理を目的とした特別組織とするスウェーデン方式の構想だったらしいが、それがそのまま官僚組織として当然のごとくに生き残り、現在のもろもろの規制の元凶になっている。

これを読むと結果的に、大前氏の東京の銀行構想にしても、金融庁にしても酷い結果になったのであるから、大前氏にもかなりの責任があるといえる。

つまり、政府に対して新組織を作ろうという提案(constructivistic suggestion)をすれば、それに乗る官僚の裏の魂胆を大前氏は熟知しているはずだが、自分のアイデアに惚れて、後のことを考えずに提案してしまうわけだ。

こういう政治権力に対する大前氏のPositiveな態度というのは間違っている。
大前氏は政治権力に対してナイーブすぎるのではないか。これは、極悪人にも三分の魂があるという仏心なのかもしれないが、制度化された政治権力という抽象的悪には、そのような魂なるものは存在しない。

同様に地方分権だ、生活者主権だといった大前氏のアイデアも、現在政府がスローガンとして取り入れ推進しているが、こちらも恐ろしく酷いものであることはすでに結果を見なくても明らかだ。とくに消費者庁は凄まじく酷いものである。地方分権うんぬんも同様に最悪の結果になるだろう。
大前さんのイメージしているような分権型国家にしようとすれば、アメリカのようなConstitutionalismが前提となるはずだが、日本の憲法は変えられない。
しかし、Consitutionalismなき真の地方分権はありえないのだ。

この帰結としては、各地方に、中央省庁並みの規制権力が生まれ、日本から自由が消滅することになるだろう。

 
posted by libertarian at 11:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

Shifting Initiative of Free State

目には見えなくても、現在の私達の政策が抱えているコストはずっと高いものであると思う。
どれくらい高いかは私にはわからない。少なくともコーチゾン薬の開発に携わっていた医師の一人が、現在のような厳格な安全基準をFDAが当時も実施していたら、この薬は今でも利用できなかっただろうと思っていることを私は知っている。同様のことがペニシリンにおいても述べられてきた。おそらく安全とは言えない新薬の使用に命を賭けて、亡くなっていく人々は存在するだろう。私達は、そのことを50年前に「危険を避けて」いたら今日死んでいただろう数百万の人々の命と比べてみなければならない。

デヴィッド フリードマン 「自由のためのメカニズム」 より

このデヴィッド フリードマンの名著は、22歳の時に書かれた本だ。
その早熟さ(*)には驚嘆する。内容の濃い本なので、たまに読み返すが、その度に発見がある。
#というか、私は読んだことをすぐに忘れてしまうから、覚えてないだけか。。(^^;

この本は、内容は濃いが平易に書かれている。やはりミルトンの息子である。
だから多くの人に読むことをお勧めできる。しかし平易ではあるが、内容が濃いので何度も読み返すとよいと思う。1回読んだくらいでは、この含蓄ある政治的マニフェストが理解できないだろう。

*親父のミルトンも天才で、母親のRoseも一流の学者であり、母親の兄弟Aaron Directorもノーベル賞受賞者だから、David Friedmanはいわばリバタリアンのサラブレッドだ。

話がそれたが、このように政府が社会にもたらす損失というのは、計算が不可能だ。
しかし、それは計算できる無駄の部分よりも、はるかに巨大であることは間違いない。
医薬のように、FDAが絶対的な許認可権限をもっている場合では、新薬の開発の遅れ、新薬の禁止による社会的コストはほとんど計算ができない。一方で、政府が禁止をするのに要するコストは、ほとんど0だ。無用な橋や道路にかける膨大な税金の無駄というのは目に見えるし、ある程度計算できるが、このような禁止による損失というのは、なかなか目に見えない。
このことは医薬に限らずに言えることだ。

以下はバウチャープランについて触れた部分だが、引用すると、
諦める理由など全くない。国家を現在のような状態にするためには長い年月を要した。そして国家をそこから抜け出させるにも長い年月がかかるであろう。(同p77)

と書いているが、最近のドバイのような非NationStateの勃興とNetの普及によって、もはや自由の実験はアメリカという国から離れたのではないかと思う。
これは18世紀にイギリスから「自由な政府の理想をさらに発展させることの主導権はアメリカ人の手にわたった」とハイエクがConstitution of Libertyの中で書いたように、現在は、もはやアメリカは自由の理想を実現させる主導権は持っていない。自由の理想の主導権は、もしかするとドバイのような小国に移りつつあるのかもしれない。ベドウィンとは、もともと遊牧民族であるからこういった国はNationStateではない。ベドウィンの国境を無視して交易する商業民族のDNAと、ネットで国境なく移動する資本というのがマッチしているだろう。
#ドバイのユニークな点として、街に住所というのが一切ないらしい。遊牧民にはそういう観念がないそうだ。

posted by libertarian at 23:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dubai Libertarian Country?

「ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか?」福田一郎

このところよくドバイの話を聞くようになった
私も前からDubaiは注目していたが、この本を読んでさらに興味がそそられた。

簡単にドバイの特徴を纏めてみると
  • シェイク(首長)の国であり、行政府がない→政府がZeroMinimum!
  • 100%Taxフリー、つまり税金がない→そのため、政府による税金の無駄遣いがないし、政府の腐敗汚職もありえない。
  • 恒久的滞在権がなく、更新制となっている→移民問題なし。さらに就労していないと更新できない。
  • 犯罪が極めて少ない→犯罪をすれば2度と入国が許されない
  • 医師や弁護士の資格は、外国でとった資格がポータブルに使える。→簡単な面接試験だけでOK
  • オープンな経済→規制が少ない。資金の持ち出しも持ちいれも自由
  • ドバイの会社制度は更新制
 
ざっと書いただけでもこのような特徴があり、単なるタックスヘイブン(tax haven)とは異なる。これはほとんどリバタリアン国家といってもいいだろう。

このような国家が21世紀の国家のお手本となるだろうことは間違いない。
私も近く、ドバイを見に行ってみたいと思う。

posted by libertarian at 11:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

David Friedman on Obama

デビッド フリードマンがObama支持を書いている。
Obamaはanti-Bush的な存在になるだろうと考えているようだ。
MccainはPro-Warだからダメで、一方、Obamaは、リバタリアン的なリベラル?と見ているようだ。例えば、school vouchersやhealth insuranceの拒否、marijuana decriminalization(マリファナを刑事罰としない)といった姿勢を評価している。
シカゴスクールの人間でありながら、左派のニューバージョンを作ろうとしてるCass Sunsteinのような人間にObamaは近いと考えているようだ。
このフリードマンのObama評価は、積極的なのか消去法によるのかよく分からないが、pro-warの大統領だけは願い下げと考えているのかもしれない。しかし民主党がなったとしても、anti-warとなるとは限らないと思うが。

There is a group of intellectuals connected with the University of Chicago who have accepted a good deal of the Chicago school analysis but still want to think of themselves as leftists. They are, as I see it, trying to construct a new version of what "left" means. Examples would be Cass Sunstein and Austan Goolsby, both at Chicago, and Larry Lessig, who used to be there.
posted by libertarian at 10:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

J.S.Mill was left

フリードマンの「資本主義と自由」のアマゾンの出版社の内容紹介で次のようにある。
「ジョン・スチュアート・ミル『自由論』、フリードリッヒ・ハイエク『隷従への道』と並ぶ自由主義(リバタリアニズム)の三大古典の1冊。」

これらを3大古典と一体誰が読んでいるのかしらないが、リバタリアニズムやクラシカルリベラルにミルを入れるのは何も分かっていない証拠だ。
ミルはクラシカルリベラリズムとも全く異なるのである。
例えばハイエクはミルの残した大量の手書き原稿を含めて数年かけて詳細に研究したらしいが、ミルはconstructivistでありダメだと言っている。つまりミルの自由はpositive libertyであり、リバタリアニズム〜クラシカルリベラリズムの消極的自由とはかけ離れているということだ。
ミルはむしろプラグマティズムの流れ(utilitarian)であり、リバタリアニズムと混同するととんでもないことになる。

posted by libertarian at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

Securitization of Organization

いうまでもなく組織とは人間集団であり、また組織活動とは人間集団の活動である。 組織の中には、多くの契約が存在する。
組織の従業員であることにも契約があるし、組織が取引を行うことも契約だ。組織をこのような”契約の束”として考えることで、その”契約の束”を証券化(securitize)することが可能になる。
つまり、組織そのものを証券化することで、人間集団というとらえどころのないものに、所有権が発生する。(ちなみに当然だが人間に対する所有権ではない。契約に対する所有権だ)

#しかし、この契約を介した組織というのは既に、ゲマインシャフト的な、つまり村落共同体、家族共同体的な組織とは異なる。
とりあえず会社組織を考える上では、このレベルで一旦止めておくのがいい。

つまり、契約の束である組織を証券化して株式会社にする仕組みと、株式を公開市場に上場するシステムは別に考えないといけない。

上場システムと有限責任特権の関係を考えてみよう。
まず、株式市場への上場システムは、資金的なレバレッジを得る仕組の一つである。
現在、上場が許される会社は、株主が有限責任の株式会社に限られる。
もし、この際、株主の有限責任という条件がなければ、無限責任の一端を株主が負うことになるからマーケットに上場しても買い手がつかないかもしれない。
株主になるリスクが大きすぎるからだ。
コロンブスの時代の航海船は、いかに莫大な費用がかかろうとも、損失の上限はきっかりと決まっていた。だから費用を分散で負担している株主は有限責任で全く問題がなかったわけだが、近代の会社組織は損失の上限が決まっていない。
そういった違いがあるにもかかわらず、国家権力により気前よく”株式会社は有限責任でOK!”としたのが、制度上の大飛躍であったと考えられる。

もちろん、上場と引き換えに様々な義務を負うことになるが、それでも株主=所有者にとって、大層、好都合なことだ。
こう考えると、現代の株式会社の有限責任制度は、株式の公開マーケットへの上場システムと切り離せない関係にある。そうでなければ、有限会社が上場できない理由がない。

問題は、資金的なレバレッジを与える仕組みとして、上場システムしかないのか否かだ。
企業にとって証券市場への上場はあくまでも資金調達が目的であり、多くの人と会社を共有するのが目的ではない。
創業者が会社を上場させるインセンティブとなっているのは、当初は株式を自分で大半を所有しているために、上場によって一攫千金のキャピタルゲインを得ることがある。だが、経営が好調でキャッシュフローが潤沢で、資金面で苦労がなければ、無理して上場する必要もない。
サントリーとか優良な大会社が上場していないのは、そのためだ。創業者にとっては、利益が沢山出ている限り、”自分の会社”として独占していたほうがいいに決まっているのである。
#ちなみに、世界最大のプライベートカンパニーは、コーク(Koch)の創業した会社(Koch industries)で、コーク兄弟は世界の大富豪の5本の指に入る。このコークこそは、リバタリアニズムの世界最大のパトロンでもある。コークは、自分が生きている限り、上場することはありえないといっている。

株式会社として有限責任特権を得つつ、株式上場ー株式公開はせずに私的な会社としているのが最もメリットがある。
さらにいえば株式会社への有限責任特権を取り払ってしまえば、わざわざ株式会社にする必要すらない。
さらに資金的なレバレッジを得る有効な仕組みがほかにもあれば、上場の必要性も小さくなる。このように考えていくと、株式会社=有限責任としなければならない制度上の必然性もほとんどないことになる。例えば、新製品の研究開発に対する資金が足りなければ、そのプロジェクトに対する資金を募るというのでもいいわけだ。何も株券を担保にしなくても、その利益に対する分配金を払えば済むだろう。

この場合は、一族経営が基本となって経営と所有が分離されないことが多いだろう。もちろん、創業者一族以外は奉公人でしかないが、経営をプロに任せることも当然できる。
おそらく、リバタリアニズム的には、政府による有限責任特権は認めるべきではない。無限責任の前提では、株式証券の市場化は、現在のような形ではできないだろうが、保険とセットにした仕組みなどいろいろと私的な制度的発明は考えられるに違いない。
 
posted by libertarian at 21:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

Prison Nation

 

Llewellyn H. Rockwell, Jr.のコラムを少し紹介しよう。
Prison Nation
http://mises.org/story/2957

アメリカは驚くべきことに世界で最も監獄の好きな国になっている。
今では、成人の100人に一人以上が監獄で暮らしている。
NYTimesによると、アメリカでは200〜300万人が監獄につながれている。
中国はアメリカの4倍の人口があるが、囚人の数は160万人だ。
囚人の数を人口比でいえば、次のとおりとなる。
アメリカは10万人あたり751人。一方、ロシアは同627人、キューバは531人となり、世界平均では125人だ。

アメリカのこのトレンドは1980年代からのものであり、その原因の大半は麻薬法の改正によるものだ。
1925年から1975年にかけてのUSの囚人比率は110で、世界平均よりも低かった。
この傾向は1980年代になって急激に変化した。1980年には3万人がドラッグで監獄につながれていたが、今では50万人がドラッグで囚人となっている。

ドラッグ以外の要因として、今では殆ど全てのことが刑罰(criminalization)の対象となっていることがある。

監獄の意味を考える必要がある。監獄につながれた人間は国家の奴隷だ。これは究極の人間の尊厳に対する暴力なのだ。
囚人は、罪の代償を払っていると言われるが、その代価を受け取る人間はいない。彼らは犯した罪の負債を払っているわけではなく、ただ無為に時間を過ごしているだけだ。しかし納税者は囚人一人あたりに25000ドルの費用を払っている。彼らは社会にとってコストでしかない。
刑務所は人を更正させたりしない。ジョージバーナードショーが言ったように、「刑務所に入れられたら死ぬのと同様に取り返しがつかないことになる。」

政府は毎年440億ドルを刑務所の維持にかけている。
今アメリカでは不法ドラッグは1000億ドルの産業だが、ドラッグ戦争には190億ドルの税金を投入している。同様に司法システムのコストはうなぎのぼりだ。(この25年間で418%の上昇)

麻薬使用の犯罪化によって、麻薬はさらに深く地下に潜っただけだ。刑務所の中でもドラッグマーケットは非常に盛んというのが究極の皮肉である。
また司法任命の政治化によって、裁判官は犯罪へのより厳しい判決を競うようになっている。

さらに、いままで語られることのなかった要因としては、刑務所産業のロビー活動そのものがあげられる。刑務所産業複合体がどれほどの規模なのかはまだ掴めていないが、あらゆる業界が刑務所というミニチュアの社会を作るのにかかわっている。
監獄とは、Statismの究極のシンボルなのだ。

 
posted by libertarian at 15:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

Adam Smith and Virtues

アダム スミス 堂目卓生著 中公新書

この本を読んだが、ややダルな本であった。この本を読むよりは、竹内靖雄氏の「経済倫理学のすすめ」中公新書をお奨めする。
竹内靖雄氏は、古くからリバタリアニズム的な主張を著書で書いているが、残念ながらリバタリアニズムの紹介であるというネタを明らかにしてこなかったと思う。(竹内氏の本は多くは読んでないので知らないが。)最近、この本をぱらぱらと再読して、理解はたしかだと思った次第だ。法哲学系の連中が書いているリバタリアニズム本よりも竹内氏の本はずっと良いと思う。
#日本の法哲学系でリバタリアニズムを”研究”している連中は、根が左派リベラルであり、決してリバタリアンではない。

スミスとヒュームは親しい友人だったことは知られているが、改めていうまでもなく、この2人こそは、クラシカル リベラリズムのGodだ。だからスミスについて書こうとしたら、マクロスキーくらいの決意を持って書かなければならない。↓過去ポスト参照
http://libertarian.seesaa.net/article/37255142.html
#前にも書いたが、マクロスキーの「ノーベル賞経済学者の大罪」も、面白いのでお奨めだ。


スミスの国富論は、次に原文がある。
http://www.econlib.org/LIBRARY/Smith/smWN.html

国富論の中に出てくるinvisible handは、次の1個所だけ。

He generally, indeed, neither intends to promote the public interest, nor knows how much he is promoting it.
By preferring the support of domestic to that of foreign industry, he intends only his own security; and by directing that industry in such a manner as its produce may be of the greatest value, he intends only his own gain, and he is in this, as in many other cases, led by an invisible hand to promote an end which was no part of his intention. Nor is it always the worse for the society that it was no part of it.
By pursuing his own interest he frequently promotes that of the society more effectually than when he really intends to promote it.
I have never known much good done by those who affected to trade for the public good.

posted by libertarian at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

Jim Rogers's anger on FRB

悔やまれるのは、なぜ景気後退をもっと早く起こさせることができなかったかということだ。景気後退には経済システムを正常化させる機能がある。それを恐れ、金融緩和で絆創膏を張ってきたFRBには怒りすら感じる。
http://diamond.jp/series/dw_special/10016/
 

ジム ロジャースのインタビュー記事が載っている。
ロジャースの見解はリスペクトに値すると私は思っている。
ロジャースは、山勘の山師ではなく超インテリのリバタリアンだ。
特に大局観に優れた投資家であり、短期投資は下手だと自分でも言っている。
景気後退も、市場の自然なサイクルの一つとして見ていて、それに対し余計なことをしてはならないと考えているのだろう。
レッセフェール的な市場観と現実政策とのギャップを客観的に判断することがロジャースの大局観のもととなっているのかもしれない。

 
posted by libertarian at 23:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

On Iwai Katsuhito or a profound A-hole

Finantial Japan6月号の特集「会社は誰のものか」を本屋で少し立ち読みした。
相変わらず岩井克人がアホ(=A-hole)なことを得意になって話している。
その後の記事で、矢野朝水という人が、「会社は誰のものか」などというばかげた議論は
いい加減にやめろと書いている。株式会社が株主のものなのは当たり前であり、こんなことが議論になっている国は日本だけだと言っている。こちらは至極、まっとうな意見である。

要するに岩井は法律をまったく知らないし、それ以前に法律の基本的な読み方すらもしらないのだ。
東京財団というところで、「会社は誰のものか」という研究を金もらって、やっていたようだが、 そこでのインタビュー記事がある。
http://www.tkfd.or.jp/topics/detail.php?id=12

この対談相手の加藤秀樹会長というのは、大蔵官僚の天下りのようだ。
この東京財団というのは、もともと日下公人とかが会長をやっていたところだったと思うが、天下り財団になったのだろうか?
これから少し引用すると。

==
加藤 最近の市場には、株を今日買って今日売るというデイトレーダーのような人も多く参加しているわけですが。

岩井 そうですね、株主には2種類あります。長期的にインベストをしてくれて、長期的に会社を育てようとしてくれる株主と、短期的に利益を稼ぐことを狙っていて会社の業績を見ずにチャートだけを見て取り引きしている株主の、2種類の株主が共存していて、しかもだんだん後者のウエートが増えてきています。
==
岩井がここで言っていることは、あの亡国のクズ役人、北畑事務次官の発言と同じではないか。もしかしたら北畑は岩井から会社法の講義でも受けたのかもしれない。w
”長期的に会社を育てようとしてくれる株主と、短期的に利益を稼ぐことを狙っていて会社の業績を見ずにチャートだけを見て取り引きしている株主”というが、株主に、会社を育てるとか育てないといった区別などない。おそらく岩井は議決権をもった株主として扱われる条件すら知らないにちがいない。

これでは、小学生が知ったかぶりして”会社は誰のものか”を学級会で議論しているのと同じだ。
一体こんな低脳な人間に高給を税金で払って東大教授をさせていてよいのだろうか?

posted by libertarian at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

Stay foolish

基本的に、自由主義と民主主義は相反するものだ。
民主主義とは、基本が全体主義なので民主主義者=全体主義者であり、つまりは社会主義者だ。
私はこれが今の日本社会の本質ではないかと思う。
この洗脳を解かないと、社会は正常化しないだろう。やはり教育制度の自由化、文部科学省の恒久廃絶の優先順位は高そうだ。

民主主義という名の社会主義を義務教育で徹底的に洗脳している以上、まじめで物分りのいい秀才君ほど全体主義者になってしまう。これはどこの国でもそうだ。中国の紅衛兵しかり。
私は、もとより全然まじめでもなく、反抗的かつ、かなり物分りの悪い人間であるから、このような社会には幼少の頃より常に違和感を感じてきたわけだが、私に言わせれば、紅衛兵になるくらいなら、バカのままのほうがいい。そのほうがずっと人間の格が上といえよう。

たしかに池田氏がいうように、本来、社会に目的はない。だが社会に目的がないということと、社会の目的が自由にあるということとは矛盾しない。
前者の”目的”とは、共通の積極的な価値であり、後者の目的は、消極的な価値と置き換えればわかりやすいかもしれない。

posted by libertarian at 02:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

Rising Food Prices and Public Policy

ベッカーポズナーBlogで食料品の価格高騰について論じている。
http://www.becker-posner-blog.com/

少し内容を紹介しておこう。
ベッカーによると、

”去年のアメリカのトウモロコシ生産量の4分の1、またトウモロコシの世界生産の11%はバイオ燃料に使われた。
さらに、石油価格の高騰によって、穀物価格があがった。またドル価値の下落も石油や穀物価格を上げている。
さらに、大豆などの他の穀物のトウモロコシへの転作が大規模に起こった。
つまるところ、これは、世界人口の増大というマルサス的なモデルによる価格高騰ではない。

また農業生産国では次のような負のサイクルが起きている。
穀物価格の急騰→都市部での暴動→生産国(エジプトやハイチ、ベトナム)での穀物の輸出制限による国内価格の抑制→世界の穀物価格のさらなる上昇→生産国の農家の収入が減少→生産性の低下(本来なら価格が上がれば生産も増大する)→貧富の格差の増大
つまり、途上国では都市部の政治的影響力が強いために、輸出制限を行い、アメリカのような豊かな先進国では農村部の政治力が強いために、エタノール助成金のようなエネルギー浪費的な政策が維持されるのだ。”
としている。
ポズナーのコメントとしては、エタノール助成金やそれと類似の助成金、例えばEUにおける遺伝子組替作物の全面的な禁止、さらに農産物への関税は原則として廃止することで、食料供給を増大させることはできるが、圧力利益団体の存在によってそういった改革は難しくなっているとしている。
posted by libertarian at 21:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Marketing of Libertarianism


ミルトンフリードマンの「資本主義と自由」が日経BP社から新訳で復刊したが、その後書きを高橋洋一氏が書いている。私は本屋で後書きのところだけ、立ち読みした。
しかしこのフリードマンの名著を持っていない人間は、すぐにでも買って読むべきだろう。

その後書きの中で、なぜ自由化をするのかという現状肯定派の問いに対して、高橋氏は本来、自由が原則であって、それを規制するのであれば規制する側に挙証責任があると書いている。だが、現状は規制された状態がデフォルトであるので、自由化する側に挙証責任を転嫁されてしまう。そこで、これを説明するのに、高橋氏は”フリードマン論法”を用いたそうだ。
つまり、規制状態の問題をつらつらと挙げたわけだ。

こういう挙証責任の転換は、現代の自由主義論者には常につきまとう。殆どの人間は現状肯定的な感覚で動いているから、現実を正常化するのだでは通らず、改革、進歩させると主張しないと現状を変えることはできない。

さらにいえば市場とかマーケットという概念も、自明のようで自明ではない。
自由主義=市場主義というのもなかなか理解されにくいようだ。
こういった正しい経済学概念を日本人は教わる機会がほとんどないからだ。
そもそも教える側がそれを全く理解していないのだから話にならない。

市場主義=自由主義が優れているというのは、単に効率性の問題ではない。それは当然すぎるモラルの問題であり、「自由の価値」を当然の共通認識として話すことが出来ないことへのいらだちは残る。

また市場主義と設計主義を、効率の比較として論じるのは意外と難しい。
設計主義(=constructivism)の害悪について、ハイエクが批判した40年代頃は情報問題として原理的かつ抽象的な批判することしかできなかった。そもそも当時はConstructivismは50年くらいの歴史しかなく、それはまだ実験の途中段階だと考えられていた。
つまり設計主義は理想主義的かつ高邁な科学的試みで、さらには実験によって科学のようにどんどん進歩していくものといったイメージで捉えられていたのである。

このロジックを否定するのは、簡単ではない。もちろん社会主義の凄惨な実体が明らかになった現代では、それを事実に基づいて批判することは容易だ。だが、それだけでは必ずしも反証にはならない。なぜなら社会主義とは”永遠の実験”なのだから。
ハイエクの情報説による設計主義批判は原理的な批判ではあったが、これも完全な批判としては充分ではないかもしれない。
実際、ハイエクの設計主義批判は、社会主義〜共産主義というラディカルな設計主義の失敗に関する実証データによって社会的に受け入れられた。つまり必ずしも理論的な勝利として受け入れられたわけではなかった。
しかし、このハイエクの情報理論による設計主義批判は、その後のPositivism批判にダイレクトに結びついている。ハイエクの頭の中では、当初からPositivism批判もしくは消極的価値の擁護という、かなり説明の困難なイメージがあり、情報論を持ち出したのは、苦労してそれを具体化したものだったに違いない。

効率性を論拠とした設計主義や統制主義に対する批判は現代でも完全には解決はされていない。
そのため、社会民主主義的な混合経済主義(mixed economy)といった統制と自由の折衷的なスタンスが圧倒的な多数派なのだ。それは完全な市場主義、完全な自由主義を当然のごとくに否定し、国家社会主義と市場主義の折衷に解を求める現代の迷信といえる。

そのため完全な市場主義、完全な自由主義が、つまりはリバタリアニズムが、未だにマイナーなものとされているのだ。
だがmixed economyと完全な市場主義との効率性の比較もできないわけではない。それはかつてのようにmixed economy体制間での効率性の比較として実証データにより、自由な部分の多い、または統制の少ないmixed economy体制の方が優れていることが”証明”されていくのかもしれない。だが、これも残念ながら必ずしも証明にはならないという問題が残る。

しかし社会主義がもともとその効率性の高さによって支持されたのではなく、その理想主義が人を惹きつけたように、自由主義も現代の理想主義となる必要がある。
だが自由主義が理想主義としては理解されることはなく、弱肉強食の論理のような乾いた現実主義にすぎないと考えられているわけだ。一体、それは何故なのか?

現代の自由主義者は、マーケティングを真剣に考える必要がある。
posted by libertarian at 11:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

Cut Tax and Tariff

ガソリンや軽油の暫定税率をやめたのはよかったが、また引き上げようとしている。
メディアは、ほぼ100%の国民が歓迎していることを、各地で混乱が広がっているなどとデマを執拗に流し、また税率を引き上げようとする動きに荷担している。
まったく北朝鮮的にますますなってきている。

ガソリンよりも食料品の値上げの方がさらに問題だが、これも同様に関税を引き下げて対応すべきだ。
農産物には未だに600%もの税金がかけられているのだ。日本はエネルギー価格も他国との比較で高いが、食料品はさらに高い。
それだけ価格の底上げ分が巨大であるから、減税によって、食料物価を抑えることは容易だ。食料品の価格は、今の半分以下にだってすることができるはずだ。
野党は政策論争の争点として関税税率などの減税を大々的に掲げるべきである。
日本はアメリカなどと違って減税が選挙争点とすらならない珍しい国だ。
今後は、減税政策によって与党にチャレンジするのが正しい戦略である。

インフレーションとは、貨幣価値が下がることであって、特定の物価の上昇=インフレではない。
しかし食料品の値段の上昇は他の製品にも便乗値上げを起こして、インフレ的な状態になりやすいだろうから、これを抑えることは極めて重要だ。
posted by libertarian at 09:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

Obama is socialist

オバマは別に意外ではないが、隠れマルキスト、それも筋金入りのようだ。

http://gregransom.com/prestopundit/2008/04/gregs-guide-to-barack-obamas-d.html

ざっと目を通しただけだが、オバマはかなりの危険人物といえよう。
まとめるのも面倒かつアホらしいなので興味があればリンク先に目を通してください。
ここまで酷いと、クリントンが候補になった方がましかもしれない。
そして本大統領選では、マケインに勝って欲しいものである。
少なくともマケインはこの2人に比べるとはるかにマシだ。

posted by libertarian at 22:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

Public Goods Fallacies

公共物、もしくは公共財(Public Goods)の法的な定義とは何か?
法律にそんな定義があるかどうかは知らない(→多分ない)が、なんとなくのイメージならある。 例えば、公道や公園は誰のものでもない。誰のものでもないが、誰でもそこに入ったり一時的に使用する権利はあるのが公共物だ。まあ大体そういうイメージだろう。

この公共物の定義(法的?)と、経済学上の公共財の意味は違う。
だが、これは通常、無批判に混同されて用いられていると思う。
#ここでは、経済学上のPublic goods を公共財と呼び、公共物とは区別する。

経済学上の公共財とは、非排除性あるいは非競合性の少なくとも一方を有する財として定義されている。 つまり、経済学上の公共財やクラブ財といった分類は財産権とは独立したidealな定義だ。それはその財の性質によって一意的に決まるものと想定されている。

公道や公園といった現実の公共物は、きわめて不可思議なものである。
通常、財は特定の個人に独占的に所有されるか、複数の人間によって共同所有される。共同所有のばあいは、各人がパイの持分に応じた完全な財産権を持つ。

しかし、公共物が”みんなのものだ”とする意味は、決してこの共同所有の大規模なものではない。 1億人の国民がいるとして、その1億人で共同所有されているのではなく、どこの誰にも一切の所有権がないのが公共物だ。
誰のものでもないから、誰にも処分はできないし、共同所有のように部分的な処分も一切できない。
これは税金もそうだ。税金は徴税された瞬間に誰のものでもなくなる。もちろん政府にもその所有権はない。そして税金が公共事業によって橋や箱物に変わる。誰のものでもないお金が、誰のものでもない物体に変換される。

この所有権がない点が、公共財に対する、ありとあらゆる合理的な扱いを不可能しているといえよう。社会主義とは本質的に反理性主義だが、社会のすべてを公共財にしようとするのは、その反理性主義らしい帰結といえる。

さらに、経済学上の公共財と公共物の違いを、ほとんどの人間は勘違いしている。
経済学上の公共財だから、公共物とするのがふさわしいと考えてしまう間違いだ。
つまり公共財=公共物という勘違いだ。明らかに論理的な飛躍と誤謬がある。
もともと、経済学上の公共財の定義に所有権概念は含まれない。公共財であることと、その所有権の問題はまったく別であり、公共財であっても、私的所有権を設定することになんの問題もない。

例えば電波がその性質上クラブ財だとした場合、クラブ財だから公共物にするべきだというのは論理的に間違っている。だが政府はなぜかこれを自明なこととしている。
むしろ電波を公共物と政府が勝手に決めているのは、政府が暴力の独占機関だという本質に由来するのだろう。政府とは”暴力の独占”機関だというは、ロスバードの表現だが、情報技術とは古来、最重要な軍事技術の一つだから、電波技術は軍事技術であるために政府の独占物として扱われたきた。
インターネットももとはといえば、軍事技術だ。

posted by libertarian at 21:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A matter of degree

リバタリアニズムや、アナルコキャピタリズムの違い、またはminimum state と無政府の違いは、税の問題に帰着するはずだ。
税=0なら、無政府であり、税が非常に少ないが多少はあるのであれば、minimum stateだ。 それ以上の違いはあまりない。
このminimum stateの最小限の税収を、論者がどの程度を想定しているかは定かではないが、論理的には0だろう。それが100円でも100万円でも誤差のようなものだが、minimum stateの税収入⇒0とするのが正解だ。
そういう意味では、両者に違いがあるとは思えない。
しかし、こういった”程度の問題”は、観念的な議論よりも本質的だと私は考える。

例えば、所得課税に対する累進税制(progressive tax)と、定率課税との良し悪しを論じるのは公平性の問題とは関係ないテクニカルな徴税技術の話にすぎない。所得課税の規模だけが問題の本質だ。そもそも税とは合法的略奪(legal plunder)であるから、公平な略奪というのも奇妙なものだ。
前にも書いたが、累進課税が問題なのではなく、課税率が高すぎることだけが問題の本質だ。例えば10,20,30,50%の累進課税が、1、2,3,5%という累進課税であれば、累進に対する矛盾は小さくなるし、さらに0.1〜0.5%の累進なら誰も累進性を気にもしないだろう。
さらに、税=0にすれば固定税と累進税の双方の矛盾を克服できる。
私は、まずは、この所得課税制度を廃絶するのが第1歩だと思う。

私がノージックなどの観念的リバタリアニズムに思うのは、やはりノージックは税の問題をちゃんと論じていない点だ。ロスバードなどもこれと同様の批判をしているようだ。

もちろん、所得課税以外にも税はあらゆるところにある。規制による機会費用の損失まで含めたらどれほど巨大なものになるか計り知れない。
法律による規制も税の一種であり、これをなくそうとすれば当然に法律も極めて限定されることになる。

posted by libertarian at 20:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

Defending the Undefendable

ウォルターブロックの「擁護できないものを擁護する」の原文が本一冊ダウンロードできる。
もちろん気の利いた挿絵つき。

http://mises.org/books/defending.pdf

橘玲という相当頭の悪い軽薄な人間の書いた読むに耐えない出鱈目訳と、原書とは大きく異なる。
原著はWitに富んだ洗練されたものだ。読むなら原著を読むべきだろう。

posted by libertarian at 02:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

United States of Euroland and Tax

次のコラムは面白い。

ロシアも飲み込むEUの未来 大前研一
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/124/

EUが東方に拡大してロシアを飲み込むかどうかは分からないが、
EU内のTax競争の行方はどうなるだろうか?
posted by libertarian at 22:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

Risk aversion

デヴィッド フリードマンがRisk aversion(危険回避性向)とは、Riskを好む好まないという問題ではなく、限界効用の問題であることを説明している。


David FriedmanのBlogの記事
Why Risk Aversion Isn't
http://daviddfriedman.blogspot.com/


The definition of risk aversion, as any good textbook that covers the subject will explain, is that a risk averse person, faced with the choice between an uncertain set of monetary payments and a certain payment with the same expected value, will prefer the latter. As that definition suggests, it is a statement not about his taste for risk but about his taste for money.

To see why we would expect people to be risk averse, imagine that you are faced with two possible jobs. One pays you $60,000/year. The other has equal odds of paying you $20,000/year or $100,000 year.
We expect most people to prefer the former job, all else being equal. To see why, imagine that you are shifting continuously from it to the other. You are giving up dollars in the future where you lose the bet?where the salary is $20,000?in order to get dollars in the future where you win the bet. That means that you are giving up (probabilistic) dollars used to buy things you would get as your income increased from $20,000 to $60,000 in order to get (probabilistic) dollars to buy things you would get as it increased from $60,000 to $100,000. As your income increases, you buy the more important things first, so we would expect the gain from getting a dollar at the high end to be less than the loss from losing one at the low end. As this (entirely conventional) exposition shows, risk aversion is simply declining marginal utility of income.

この例は、毎年6万ドルもらう仕事と、丁半ばくちによって、2万ドルか10万ドルを年毎にもらう仕事とどちらを選ぶかということだ。平均すると全く同じ額が手に入るが、殆どの人は毎年6万ドルの方を選択するはずだという。これがRisk aversionである。
要するにお金の効用関数は直線ではないため、毎年6万ドル貰う方が、効用の合計が大きくなるということで説明がつく。つまりお金に関して、一般に効用関数は金額が大きくなるほど寝て来る形だと分かる。これが時間に関しては逆に値が大きくなるほど傾きが急な効用関数になるようだ。

前に、ニコラス タレブの本について少し書いた。↓
http://libertarian.seesaa.net/article/82860748.html
繰り返すとタレブが挙げている例では、次のものがある。
1000回に999回の確率で1ドルもらえる。
1000回に1回の確率で10000ドル払う。

これは、期待値が-9ドルだから、こんな賭けをやるのはバカであり、また、これが株式ゲームの本質だというわけだ。これに対して私はギャンブル行為は期待値の問題ではないだろうということを書いた。
ちなみにこれは、ゲームのルールが完全にプレイヤーに分かっている賭けだが、プレイヤーが決してバカではないクールな博徒だとした場合、賭けに応じるか否かは、10000ドルの効用関数も考慮しなくてはならないということだろう。

たとえば1ドルの効用が1で、10000ドルの効用が、そのプレイヤーにとっては仮に1000だとした場合、このゲームの期待値はトントンだ。さらにゲームの参加というベネフィットもあるから、賭けに応じることは期待値としてもプラスになりえる。もとい真のギャンブラーにとって10000ドルの効用は500くらいなのかもしれない。そうなると効用は+0.5になる。これは、真のギャンブラーほど効用関数の寝かたが大きいということを意味する。
この賭けの場合は、胴元が儲かる構造になっているが、それでもトータルの効用ではWin-Winになっている可能性がある。これがギャンブル産業の本質かもしれない。

宝くじはこの例と全く逆で、例えば次のような形になる。
1000回に999回の確率で1ドル払う。
1000回に1回の確率で10000ドル貰える。

これは、10000ドルの効用が1000だとすると成立しない。例えば2000とか、1000よりはもっと高くないとギャンブルが成立しないことになる。(宝くじもギャンブルの一つだろう)
しかし、真のギャンブラーはこういうケチなギャンブルはしないことが推察される。
なぜなら効用が-0.5になるからである。

さらにいえば、真のギャンブラーほどお金に関する限界効用関数の寝かたが大きい(つまりお金の価値に鈍感である)ために、外資系企業ではなく、平凡な日本企業に勤めている可能性が高いということも推察できるのである。

posted by libertarian at 00:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

Moral Hazards and Individual Responsibilities

ゲーリー ベッカーの記事の抜粋↓
The Erosion of Individual Responsibility-BECKER
Hardly a day goes by during this housing crisis that the media does not report on families in foreclosure proceedings, or in arrears in repayment on mortgages that had close to zero down payment requirements and low “teaser “ interest rates.
This type of response to failed decisions is not unique to the present housing crisis, but is part of a strong trend toward shifting responsibility to others.
Successful attempts to shift the responsibility for bad decisions toward others and to society more generally create a "moral hazard" in behavior.


An important foundation of the philosophy behind the arguments for private enterprise, free economies, and free societies more generally, is that these societies rely on and require individual decision-making and responsibility.

What if anything should governments do to help out in this present financial crisis, mindful of the many kinds of moral hazard that are lurking, but also mindful that the financial structure is delicately balanced? Despite the moral hazard risks, interventionist policies might be justified not because some borrowers or lenders were taken advantage of, but if these interventions would help the economy recover more quickly, and insure that the recession is neither prolonged nor deep. Still it is difficult to see the merits in the Fed's efforts to help the sale of Bears Stearns to JPMorgan Chase by guaranteeing many billions of mortgage and other assets of the company.

ベッカーの考えは、サブプライム問題への政府の介入は、moral hazardsを生むだけだという批判だろう。これは、先のランズバーグの見解とも呼応する。要するに、この問題はFRBや政府がどうこうやって解決できることではないのだ。金利を下げるのもBears Stearnsの処理もモラルハザードだと見ているわけだ。
そして、このモラルハザードが超大規模に起きたのが、まさに日本の教訓の一つである。
つまり、自らの責任で起こした損害を他人(一般国民)に転嫁することが、日本では官主導で大規模に進められた。これは自由社会の原則を踏みにじる社会主義的統制政策だ。
アメリカはこの点で日本よりは賢明なことを期待したいが、次期政権次第では分からない。日本の二の舞を起こす可能性もあるだろう。
ただ、FRBもインフレが怖いから、金利を下げすぎるわけにも行かない。そしてアメリカが金利を上げない限り日本の株価も上がらず、だらだらと下げ続けるだろう。
今後のアメリカの金利反転局面をどう予測するかがポイントになる。

posted by libertarian at 22:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

Landsburg on foreclosure

以下は、スティーブン ランズバーグのSlateコラム。
The case for foreclosure
http://www.slate.com/id/2185303/

これは、サブプライム問題でローンを払えなくなって家を差し押さえられる(foreclosure)人間の問題を論じたものだ。
私は、ランズバーグはこのように考えているだろうと読む前から予想していた。

None of these foreclosed houses is going to disappear. After a foreclosure, one family moves out, and another moves in. We see the sad faces of the people moving out, but we don't as often see the happy faces of the new homeowners moving in. Nevertheless, those happy faces are out there, and we should not discount them.

当然ながら稼ぎ以上の生活をしたところで、その人間の稼ぎが増えるわけではない。
そういう人間がローンを払えなくなれば家をでなければならないのは当然のことであり、通常誰も同情などしない。
むしろ、日本のように死ぬまで負債が付きまとわないだけ、アメリカはずっと貧乏人にとって恵まれている。

今度のモーゲージファンドであっても、分不相応の家に住んでいた人間が家を差し押さえられ、別の家を持っていなかった人がそこに入っていくだけだ。これは公正なmarket orderといえる。
このポイントは、極めて重要だ。
今回のモーゲージ問題とは、結局この現象が大規模に起きるだけだ。
つまり、分不相応な生活をしていた人間が去り、家の価格が下落し、相応な人間が入れ替わりに入る。ただそれだけのことだ。
失う人間がいる一方で、得る人間がいることが忘れられている。

メディアには家を追い出されて悲しむ人の姿は写されても、新しくその家に入居できる家族の幸せな顔は映し出されないということだ。これがメディアのバイアスであり情報操作だ。
こういった問題は、契約自由の原則により、個々の問題として処理しなければならない。つまり、貸した側も借りた側もリスク判断を誤ったわけだから、そこで発生した損失は当事者だけで負担しなければならない。貸した側も借りた側もその代償を払わなければならない。
これに対して税金を投入すれば、さらなるunintended consequences、また、さらなる社会的不公正を生むことになるのだ。
つまり、次のようなことだ。

There's at least one more reason to regret Secretary Paulson's eagerness to forestall foreclosures: If banks can't enforce contracts (or even if they "voluntarily" forgo the enforcement of contracts under pressure from the Treasury Department), they will undoubtedly be more reluctant to make loans in the future. Rest assured that somewhere out thereinvisible to you and me but nonetheless realis a young couple who, thanks to this intervention, won't be able to get the mortgage they want next year.
posted by libertarian at 20:21| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

Property right and liberty

財産権=Property rightとは、the right to exclude,つまり排除する権利のことではない。
財産権という概念自体が、消極的な概念なのである。
もし、財産権がthe right to excludeであれば、それは積極的な権利だ。
そうではなく財産権とは、してはいけない原則から成立している。
つまり、自分のものを他人が処分できないことであり、他人のものを自分が処分できないことだ。
これは、リバタリアニズムにおける自由が、他からの制約や束縛がないことという意味での消極的自由を指していることと同様だ。
実は、この消極的自由の定義と、財産権の定義とは同じものなのだ。
だからこそ、ヤン ナーバソンが言うとおり、自由とは財産権なのである

 
posted by libertarian at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Globalization of Privileges

 

リバタリアニズムの基本的考え方は、政府特権を一切認めないことにある。
この基本から、特許などの知的財産権という政府特権制度も認めないことになる。
先のポストで株式会社制度とは、有限責任という特権を付与する仕組みだと書いたのは、このリバタリアニズム的なテーゼとの関係である。
企業活動がグローバル化しても、この株式会社の有限責任という特権は変わらない。別の国で与えた特権が無条件に他国でも特権として機能することになる。
企業活動が無国籍化するのであれば、こういった株式会社に対して有限責任を与える特権制度も、変更が必要なのではないだろうか。政府特権制度以外で、企業活動に対する有限責任の仕組みを導入するためには保険のような仕組みが考えられる。
保険的な仕組みといっても、いろいろあろうが、こういう政府特権によらない市場メカニズムよる、株式会社制度の再構築をデザインするのは面白いかもしれない。このような仕組みが一般化すれば、政府から箸の上げ下げまで指導される必要もなくなる。つまり、今は株式会社の有限責任性が政府特権であることによって、政府干渉の根拠を与えていることになっている。またエンロンのような事件が起これば、大規模な経済統制を政府に許すことになる。保険会社のような民間会社が、会社の財務を厳しくチェックして保険料も決めていくことになるだろうから、現在の監査よりもより真剣に行われることになるだろう。
私は寡聞にして、株式会社の有限責任という特権制度を批判しているリバタリアンを知らないが、誰かいるだろうか?

posted by libertarian at 17:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

Bastiat and Rand

最近、YBBを解約したところ、迂闊なことにYahooの会員サイトに作っていたバスティアとアインランドのサイトが抹消されてしまい、リンクが切れてしまった。
近日中に、どこかのフリーのホームページに移しかえをする予定。
posted by libertarian at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

CSR and National Socialism

CSRがらみのことは、このBLOGでも随分と書いてきた。
#このページにある記事検索で、CSRと入れると13記事が出てきた。
同じようなことを繰り返して書いているのであるが、CSR論の危険さを分かっていない人も多いようなので、また少し書いておこう。

前の記事でも書いたが、CSR論が企業のマーケティング政策の一環に過ぎない場合は全く問題がない。有名なP&GのCSR的な企業憲章のようなものも明らかにマーケティング戦略の一環であり、彼らは、それを意識的に利用している。
それは、広報戦略、マーケティングであり、その限りにおいて株主利益と相反しないし、プラスになるかもしれない。
近年のアメリカのCSRとはそういう意味で、マーケティング戦略の一環でしかなかった。
前記事のCSR: Corporate Socialization Ruleを参照
http://libertarian.seesaa.net/article/38034922.html

だが、これを企業の社会的責任として義務化するとなると全く意味が異なる。

日本におけるここ数年の議論の流れでは、企業犯罪問題(という偽問題)からコーポレートガバナンスと、コンプライアンスの議論が出てきて、その後にその発展形としてCSR論議が持ち出されてきている。
つまり、経営者の違法行為や犯罪を抑止するガバナンスの問題としてはじまり、経営者が犯罪に走るのは株主統治の限界だとして考えられた。
同時期に「会社は誰のものか」という岩井克人に代表される駄本がちょっとしたブームとなった。岩井の言っていることは、会社も社会内存在でしかなく、会社は社会のものだという結論だ。
前記事→ 会社はこれからどうなるのか
http://libertarian.seesaa.net/article/37254814.html

岩井がその愚著で蒸し返した話は、50年代のバーリとドッドの論争に代表される法人名目説と法人実在説だ。ちなみに岩井はこのネタを奥村宏の本から持ってきているに違いない。
これは企業統治の議論である。岩井がここで展開している議論はいつものPOMOらしいトンチンカンできどった無意味な出鱈目に過ぎない。全く論じる価値のない与太話なのであるが、私の印象では、この東大経済学部長の幼稚な議論は、そのポジションパワーからか一定の影響を与えたように思う。岩井はその愚著で、日本において人類史上はじめて法人実在説が完成したとするニューアカ風の高尚なる哲学的議論を展開した。ちなみに私は岩井の説を妖怪人間ベム説とよんでいる。
しかし法人名目説をとるか法人実在説をとるかは、法律解釈上もなかなかに大きな問題である。これは実定法上の範疇を少し逸脱する法的フレームワークの問題だからだ。

幸いにして現行法上、会社組織に対する財産権は完全に株主のものだ。つまり法上も法人名目説が正しい。フリードマンが言っていることは、結局、この財産権原理を死守しなければならないということなのだ。「企業にとっての社会的責任とは、利潤を拡大させることである。」というフリードマンのやや挑発的ともとれる言葉は、この財産権原理の重要性を言い換えたものに過ぎない。ましてprincipal-agent problemのことを言っているのではない。こういったゲーム論的な議論は全く本質的なものではないからだ。

一方の法人実在説は、法人の財産権主体が株主にあるという財産権原理を否定する社会主義的なロジックである。そこではガバナンスの主体は公=Publicであり、社会=政府であると展開されていく。そのロジックは一言で言えば「会社は社会のものだ」とする岩井克人の危険なほどに幼稚な結論に直結するのである。
さらにこの法人実在説をimplicitな前提として企業の社会的責任論(CSR)が成立する。
そして、何度も書いたが、この法人実在説もしくは企業の社会的責任論は、バーリとドッドの議論よりも前にナチスの教義の一部でもあったのだ。要するに、この論理は国家社会主義論理の一部であり、一つの帰結だ。
だからこそ、フリードマンのいうとおり、法人とは完全に株主のものだとする財産権原理を完全に無傷なままに守らなければならないのだ。そして今のところは、この主張こそが遵法精神に則ったコンプライアンス上正しい主張である。だが、今の風潮では、この法的防波堤が崩れるのもすぐかもしれない。

posted by libertarian at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Libertarianism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする