2008年02月11日

Unseen Capitalism


アインランドは、”まだ見ぬ資本主義”(Unseen Capitalism)という言葉を使っている。この”まだ見ぬ資本主義”とは、今の世界には純粋な意味での資本主義国家が存在しないという意味だ。そもそも資本主義とは何かというと、先にポストしたように定義上も曖昧さがあるが、アイン ランドの言っていることは、自由主義圏の国家であっても、混合経済体制(mixed economy)を敷いていて、社会主義、集産主義的なものを多く含んでいるというイメージだろう。アメリカのような、典型的な資本主義国家といわれるものも、社会主義的側面という不純さが相当にある。
だから今の体制から、公共政策の部分を除外して、さらに社会主義、国家主義の根幹である税金制度という収奪制度をなくせば、より純粋な資本主義社会になる。今の体制から引き算をした体制が本当の意味での自由な資本主義になる。
そういう意味で、資本主義社会というのは、自由主義社会と同義である。

ここで、先にポストした資本主義と所有権ルールの問題が出てくる。自由主義社会の原理は、財産権ルールであるが、株式会社制度とは、財産権ルールの基本を逸脱している。この有限責任制度があるから、株式会社という制度が20世紀に飛躍的に拡大したのであろう。ほとんど資本主義社会とは、この会社制度と同義だろう。
ここで資本主義社会というよりも、この有限責任を前提とする株式会社制度こそが考えるに足る点だ。
19世紀のアメリカ社会は、野蛮な西部劇のイメージが強いのかもしれないが、これはミルトン フリードマンの研究によると、素晴らしい自由主義社会だったらしい。このような時代が結構長く続いたことが驚異的だとも言っている。

だが、この時代に株式会社なんていうものは、あまりなかったろう。あったかもしれないが、少なかったはずだ。
私が問題としているのは、この株式会社制度=有限責任制度は、知財などと同様に政府によって与えられる特権制度であり、資本主義社会もしくは自由主義社会を蝕む穴になっている可能性があるのではないか!?という指摘だ。

こういった法的なすきまをついて、現在のCSR論という社会主義ロジックが大手をふるっているような気がするわけだ。
実際に、株式会社=企業が情報公開など様々な法的制約を課せられるのは、この有限責任という特権に対応した義務であると考えられる。
だが、19世紀のアメリカ社会が今よりもはるかに自由主義的であったことから言えるように、自由主義的な社会であることと、資本主義=株式会社制度とは同じではない。このような無限責任を前提とする会社制度は、保険などのメカニズムによっていくらでも可能だろう。
つまり、純粋な財産権ルールに基づいて、法的な特権に依拠することなく、社会がやっていくことは可能であるし、もしかすれば、その方がより効率性もよいかもしれない。直接金融市場への上場ルールもこれにともなってまったく変わるだろう。
posted by libertarian at 21:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

The Stateless Internet

"The Spontaneous Evolution of Cyber Law: Norms, Property Rights, Contracting, Dispute Resolution and Enforcement Without the State."

By Bruce Benson

[http://www2.sjsu.edu/depts/economics/faculty/powell/docs/econ206/CyberLawEvolution.pdf]



Benson's entire research program has been to draw from several traditions of thought, including Austrian, to explain the emergence of legal order in absense of the state, and here he presents the case that many have imagined but few have formalized: that human action alone explains the wonderful workings of the internet world.



このブルースベンソンの論文とレッシグの本を対比させると、体制派指向のレッシグとリバタリアンとの違いがわかる。つまりarchitecture,Codeといったものの捉え方である。

レッシグの目指す方向は制度の具体的な人為的改善だろうが、これは学問的にも間違った方向性だろう。本質的な問題の所在への追求が曖昧にされているからである。
posted by libertarian at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

Serve and Protect

Papers by Bruce Benson (in PDF):

"An Evolutionary

Contractarian View of Primitive Law: The Institutions and Incentives Arising

Under Customary Indian Law"


"The Impetus for

Recognizing Private Property and Adopting Ethical Behavior in a Market Economy:

Natural Law, Government Law, or Evolving SelfInterest"






日本でつい先日、犯罪被害者基本法[http://www.izumifusaho.com/houan/g1.html]が成立したが、このような問題を根本的に考える上で、ブルースベンソンの上記の論文が役に立つだろう。

犯罪被害者の苦痛は甚大であるし同情すべきものであるが、このような政府が付与するPostive Rightsによる救済案は、一見、万能のようで、かえって問題を悪化させる可能性もある。

posted by libertarian at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月31日

The Enterprise of Law

Bruce L. Benson\'s The Enterprise of Law is the most comprehensive empiricalhistorical study of anarchocapitalism. B. provides abundant empirical evidence for the efficient operation of marketproduced law and order. Benson\'s sequel To Serve and Protect is likewise to be recommended.H.H.Hoppe

posted by libertarian at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Law without government

Law without government

ベンソンの論文PDF(26p)
posted by libertarian at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Another Path to Libertarianism

Another Path to Libertarianismby Bruce L. Benson

ブルースベンソンが語る自らの半生
posted by libertarian at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bruce L. Benson. The Enterprise of Law

Bruce L. Benson. The Enterprise of Law ブルースベンソンの著書”The Enterprise of Law\"の書評pdfファイル

ベンソンは、”PublicGoods”をどう捉えるか?
posted by libertarian at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TO SERVE AND PROTECT:Privatization and Community in Criminal Justice

“In his introduction to this book, Marvin Wolfgang says bluntly, ‘The public criminal justice system must be classified as a failure system.’ How public should justice be? In To Serve and Protect , Bruce Benson pursues Wolfgang’s argument deep into territories which, in countries that lack America’s ingrained scepticism about governmental power, will seem alarmingly heretical. The best thing about Benson’s book is that he turns the usual liberal arguments upsidedown. However much money we pump in, the police cannot do everything. And perhaps they should not be asked to. Bruce Benson concludes that the policymakers’ choice ‘is not between privatization and no privatization.’ It is about how to shape the trend: ‘privatization will not be stopped’.” — TO SERVE AND PROTECT



ブルースベンソンの”TO SERVE AND PROTECT”の書評
posted by libertarian at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月30日

Where Does Law Come From?

Where Does Law Come From?

[http://www.independent.org/tii/news/971200Benson.html]

by Bruce Benson
posted by libertarian at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce.Benson | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする