2009年12月13日

Stockholders vs Stakeholders

Controlling Corporations: Stockholders vs Stakeholders
http://daviddfriedman.blogspot.com/2009/11/controlling-corporations-stockholders.html

なかなか興味深い。
ちょっと久しぶりにDavid FriedamannのBlogを読んでみた。

<It follows that the stockholder is dependent, very much more than the other stakeholders, on other mechanisms for controlling a firm to make it act in his interest. That is a strong argument in favor of the current mechanism for corporate control and the current legal rules defining the fiduciary obligation of the directors.

Indeed, it is an argument for more than that. It is an argument for strengthening stockholder control in order to provide more protection to the most vulnerable party in the network of relationships that makes up a corporation. One way of doing so would be by removing current legal barriers that make takeover bids more difficult, and so protect managers and directors from the consequences of serving their own interests at the expense of the stockholders whose interests they are supposed to be serving.>
posted by libertarian at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

David Friedman on Global Warming

David Friedman(=DF)がBLOGでGlobal Warmingの問題をこのところずっと取り上げている。
[http://daviddfriedman.blogspot.com/]
さすがに、的確な意見である。
まず、DFは、いわゆる地球温暖化があるかもしれないことを否定はしていない。
問題は、温暖化そのものではなく温暖化によるその影響や効果だが、DFはcatastrophicなものではないと考えている。それは、IPCCの予想を受け入れてもそれほどCatastrophicなものではないのと、IPCCの予想よりひどいと想定してもやはりCatastrophicにはならないと考えるわけだ。

さらに、炭素税のようなピグー税方式の導入を唱えるアイデアにも否定的である。これは、Greg Mankiwのアイデアで、炭素税を導入しながら、これを他の税の減税と同時にやることでトータルで増税することなく排出量を制限できるという主張である。

[http://gregmankiw.blogspot.com/2006/12/
pigovian-questions.html]

これに対し、DFは、ある税を導入して,もう一方の税を減らすことは現実的に実行されないだろうとする極めて現実的な意見だ。戦時に導入された緊急的な税であっても、終戦後廃止されることはない。日本でも戦中戦後立法が廃止されたことはあまりない。

”Furthermore, I think it unlikely that income from carbon taxes would be used to reduce other taxes. The clear evidence here is the repeated pattern with regard to wars. New taxes are introduced as an emergency measure for a war, retained long after the war is over; there is always some politically profitable way to spend the money. In the case of carbon taxes, I am confident that they would be used as an additional source of revenue, perhaps with the argument that the money was needed to ameliorate the effects of whatever global warming continued to occur.”

おそらく、DFによる地球温暖化の議論はまだ続くだろう。
真実が誰にも分からない極めて中途半端に科学的な議論に関しては、DFのような超一流の経済学者の役割は大きい。
また経済学者であっても、DFのようなリバタリアン経済学者でないと、すぐに政府の役割を強化しようとする職業上の利権がらみの習性で意見するから使い物にならない。
現在、地球温暖化の世界規模のマスヒステリーに対して正しい言論を張っているのは、リバタリアンだけだ。

科学と政治的思惑に対して、中立で、かつある意味、超越的な議論をできるのは経済学者しかいないだろう。科学者の言う事実は、経済学的に見れば幼稚な誤解が多すぎるし、政治的な意見に対しては経済学的な事実の提示が必要だ。
この問題は、当然ながらものすごく重要だ。温暖化に対応することが重要なのではなく、現在世界的にはびこっている地球温暖化に対するデマとヒステリックな立法措置といったtragedy comedyに対して、学問がいかに理性を用いて、その誤謬を訂正させることができるのかという試金石となるという意味で重要だ。
地球温暖化のようなデマに対して、政府が間違った税金コストをかけることは、子々孫々にわたって取り返しのつかない損失になるのは確実だからだ。
また地球温暖化に対する議論は、その経済学者の能力の試金石となることは間違いない。私の知る限りでは、WEB上にある議論としてはDavid Friedmannの議論がやはり傑出している。


2007年03月25日
posted by libertarian at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

Third World and MPS

The Mont Pelerin Society, Milton Friedman, and the World

Monday, November 20, 2006 By David Friedman

[http://daviddfriedman.blogspot.com/]



I spent most of a week recently in Guatamala at a meeting of the Mont Pelerin Society, an organization created by Friedrich Hayek after the Second World War. At the time it was created, supporters of free markets were rare, especially in the academic world. One reason to create the Society was to give people with classical liberal views the opportunity to spend at least a few days a year with other people who did not regard their beliefs as obvious nonsense, fit only for the wastebasket of history.



Some decades later, a number of people associated with the Society, including my father, suggested that perhaps it was time to dissolve it. Views that had been regarded as obviously obsolete in the late forties had become, if not always accepted, at least widely known and widely viewed as serious contenders in the marketplace of ideas. It was no longer necessary to go to some far corner of the world to find colleagues who shared a generally promarket viewpoint; with luck there were at least one or two down the corridor.



The argument that ultimately persuaded him and others that the Mont Pelerin Society ought to be continued was that, although libertarian views were now widespread and respected in the U.S., the situation was very different elsewhere. Especially in the Third World countries of Asia, Africa and Latin America, and to a significant degree even in Europe, believers in free markets still found themselves in the situation that Hayek and others had faced when the Society was founded, isolated in a sea of left wing orthodoxy. For them, at least, the Society could continue to serve its original purpose.



======================================



Hayekが1947年に設立したモンペルランソサエティ(=MPS)にDavid Friedmanも加入したらしい。

第三世界では、未だに自由市場の考え方を知らないために、社会主義的な

政権が支配し、貧困と不正を悪化させている。

モンペルランソサエティ(MPS)の役割はまだ終わっていないということだ。



MPSは具体的には、どのような活動をしているのかといえば、”One reason to create the Society was to give people with classical liberal views the opportunity to spend at least a few days a year with other people who did not regard their beliefs as obvious nonsense”

つまり、第三世界の自分の(社会主義的)信条をナンセンスだと思っていない人たちと年に数日会話する機会をもってクラシカルリベラルの知見を与えるといったことらしい。



日本も自由市場に対する理解は、殆ど第三世界の人間と変わらない。

ドラッカーは「ネクストソサエティ」の中で日本に関してこう言っていた。

「今日の日本は、本質的にヨーロッパ的な国である。もっと悪いことには19世紀のヨーロッパの国である。だからいま麻痺状態にある。」

未だに日本ではsupporters of free markets were rare, especially in the academic worldの状態だ。



MPSのこういった活動は決して影響の小さいものではないだろう。

ジェフ サックスのような国連組織を動かした大規模な援助合戦は有害なだけだが、MPSのような第三世界の知的指導者たちに対する”教育”の方が遥かに効果のあるものだろうし、実際にMPSはそのような機能を歴史上、果たしてきた。

またMPSから派生したIEAのようなシンクタンクもいくつかある。
posted by libertarian at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

Harald





David Friedmanが小説を発表したようだ。

これはリバタリアンのノベルなのだろうか?

中世物のフィクションらしいが。



[http://jiltanith.thefifthimperium.com/Collections/HaraldChapters/Harald_Link.php]
posted by libertarian at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

The Case of David Friedman

The Case of David Friedman

by Robert P. Murphy

[http://www.mises.org/story/486]
posted by libertarian at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

Law's order

Law and Economics for the Masses

by Eric A. Posner



エリックポズナー(リチャードの息子でシカゴ大学教授)によるデヴィッドフリードマンの”Law's Order"への書評

↓一部抜粋

Law's Order: What Economics Has to Do with Law and Why It Matters

David D. Friedman

Princeton, NJ: Princeton University Press, 2000

[http://jurist.law.pitt.edu/lawbooks/revdec00.htm#Posner]





"Law's Order is the first popular treatment of law and economics. It is intended for students and academics unfamiliar with the economic analysis of law, but also for the "intelligent layman," and it is the latter person who seems to be David Friedman's imagined reader. In form and style, the book resembles the popular but sophisticated surveys of evolutionary biology, like Richard Dawkins's The Selfish Gene (Oxford University Press, 1990) – and, indeed, Friedman cites that book as a model. (5) Friedman's book largely succeeds at the task that he sets out for himself. It is a clearly written, readable, and interesting introduction to the main ideas underlying law and economics, alongwith a large collection of specific applications.・・続く"



以下はこれへのフリードマンからの返信



A Reply to Eric Posner

by David D. Friedman

[http://jurist.law.pitt.edu/lawbooks/revdec00.htm#FriedmanReply]



"Professor Eric Posner correctly observes that the printed version of Law's Order contains little in the way of references or mathematics. He is also correct in believing that notes on a website are less accessible than notes in a book. But while they are less accessible, they are a great deal more useful.



From the website, which contains page images of the entire book, one click on a marginal icon brings up the corresponding note. A second click brings up the full text of a referenced case (in the Findlaw, Lexis or West database), a webbed article, even a webbed book. The reader must be online to take full advantage of the virtual footnotes, but he does not, like readers of more conventional books, have to be in a library in order to make use of their references. For readers who do not expect to be online while reading the book, the website also contains the virtual footnotes as a single long file, in pdf and Word format, to be downloaded and printed.

..............

続く

"



しかし、この二人(E.PとD.F)は仲がよくないに違いない。



一方でDavid Friedman Steven Landsburg Bryan Caplan というのはお仲間のようだ。

これらArmchair Economist達は、元々が理論物理学からの転向組みだ。



私もこの本=Law's order は持っているが、まだ読了はしてない。

しかしE.ポズナーが評するようにこの本は素人向けに易しく数式抜きで書いているわけでは決してなく、

むしろ普段から好んでこういう思考スタイルで物事を考えている人間達なのだろうと思う。

理論を追求する人間の知的誠実さを、この本の行間に読まないといけない。



#しかし、こういうタイプの人間をarrogantだと感じる人間もなぜか多いようだが・・。
posted by libertarian at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

Price Theory: Ricardo: A hiker clad in T-shirt and tennis shoes at the top of the Everest

As economist David Friedman put it in his 1990 textbook, Price Theory,

"The modern economist reading Ricardo's Principles feels rather

as a member of one of the Mount Everest expeditions would feel if,

arriving at the top of the mountain, he encountered a hiker clad in Tshirt and tennis shoes."




Evolution TheoryのバックグラウンドにはRicardoもいそうである。

Evolution theoryとPrice Theoryは近い考え方である。
posted by libertarian at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年05月31日

David Friedman Laissez Faire Policy

[http://www.gmu.edu/departments/economics/bcaplan/libency.doc]

デビッドフリードマンの考え方をよくまとめているレポート。
posted by libertarian at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月05日

Efficiency, Justice and Liberty-By David Friedman

[http://www.daviddfriedman.com/Academic/Anarchy_and_Eff_Law/Anarchy_and_Eff_Law.html]

The attentive reader, and especially the attentive libertarian reader, will have noticed that I have said nothing about what the laws generated by the market will be, other than efficient. In particular, I have said nothing about whether those laws will be consistent with either justice or liberty. That omission was deliberate. My purpose here is to discuss what outcomes we can expect a competitive market for law to produce, not what outcomes we want it to produce. This is an essay in economics, not moral philosophy.



Whether these outcomes will be consistent with either justice or liberty depends on whether either justice or liberty is economically efficient. In the case of liberty, I think there is good reason to believe that, as a general rule, it is. A considerable part of libertarian writing, my own included,[21] as well as a good deal of economic theory from Adam Smith on, defends the thesis that, on the whole, leaving people free to run their own lives maximizes total human happinessfor which economic efficiency may be considered a rough proxy.[22]



Whether justice is efficient is a harder problem, and comes in two parts. The first is the question of whether the rules implied by justice are themselves efficient rules; to that I have no answer, since I have no theory of justice to offer other than that implied by individual liberty. The second is the relation between individuals\' beliefs about justice and their preferences for law.



Suppose that almost everyone in a society shares certain beliefs about justiceperhaps that the conviction of innocents is a very bad thing, to be avoided even at high cost, or that murderers should be executed, or that children should not be executed, even for murder. Those beliefs will affect but not determine what laws the people in that society demand. Justice is only one of the things people value; an individual might favor a legal rule he considers unjust if he thinks it benefits him. So we would expect the efficient set of legal rules generated by the market to represent some compromise between the legal rules that would be efficient absent specific beliefs about justice and the rules implied by those beliefs. To put it differently, beliefs about justice affect the value to individuals of being under particular legal rules, which affects what legal rules are efficient, which affects what legal rules the market will produce.



===以下粗訳============



注意深い読者、特に注意深いリバタリアンの読者なら、次ぎのことに気付いただろうと思う。

その市場から生まれた法が効率的であること以外には、どのような性質があるかについては私が何も述べていないことを。

特に、これらの法がJusticeやLibertyと矛盾しないものであるかどうかについては何も述べていないことを。

これらの省略は、意図的なものである。

私のここでの目的は競争的な市場がどのようなものを作り出すかを予想することにあり、どのようなものを作り出して欲しいかを議論することではないからである。

これは、経済学のエッセイであり、倫理哲学のそれではない。



これらの成果物がJusticeやLibertyと矛盾しないかどうかは、JusticeやLibertyが経済的に効率的であるかに依存している。

Libertyの場合であれば、一般則として、それが効率的であると信じる尤もな理由があると私は思う。

リバタリアンが書いたもののかなりの部分は、私自身のものを含めてだが、アダムスミス以来の経済理論同様、概して、人々を自由にすることが、人間の幸福を最大化するという仮定を支持するものである。

また人間の幸福において経済的な効率性がその大雑把な指標となるのである。



Justiceが効率的であるかどうかは、より難しい問題であるし、また2つの部分から問題である。

最初の問題はJusticeによって適用されたルールが、それ自体効率的なルールかという問題である。

これに対して私はなんの答えも持たない。というのも、Justiceの理論に対して個人的自由によるもの以外で提供するものを何も持っていないからだ。

2つ目の問題は、個人的なJusticeに対する信条と、法に対する好みの関係である。



社会の中の殆ど全ての人は、ある種の信条信念を共有していると想定してみよう。

多分、無垢なる確信は非常に悪いことであり多くのコストをかけても避けなければならないことだが、それは、犯罪者は罰せられる必要があるとか、子供は殺人を犯しても罰せられるべきではないとかいったものだろう。



こういった信条はその社会における人々が要求するものが何であるか、影響を与えることはできても決定することはないだろう。

Justiceは、人々が評価する多くのことのほんの一つにすぎず、ある人はそれが自分にとって利益となるのであるならUnjustなルールを好むかもしれない。

であるからして、我々は市場によって生まれた法ルールの効率的なセットが、彼らの特定のJusticeに対する信条を欠いた法ル―ルと そのJusticeの信条を含んだルールとの間でのなにがしかの妥協点を表すと考えている。



これを別の言い方に置きかえると、Justiceに対する信条は、特定の法ルールの下にある個人の価値に影響を与える。

それは、どんな法ルールが効率的であるかに影響する。それは、どんな法ルールを市場が作るかに影響する。
posted by libertarian at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月04日

Anarchy, Efficiency and the Common Law -by David Friedman

I have argued that there is reason to expect  a system in which legal rules are generated by firms competing

in a private market  to produce efficient rules.

Richard Posner has argued that there is considerable empirical evidence to suggest that the actual rules of angloamerican common law are efficient.

This raises an obvious and interesting question: can the mechanisms I have been describing explain the observed efficiency of the common law?



I do not know the answer to that question.

Certainly some forms of competitive law have contributed to the creation and development of the common law.

The common law had its origin in the legal system of AngloSaxon England,

whose early form involved a large element of private enforcement and private arbitration.[23]



It evolved in an environment of multiple court systemschurch, royal, and localwhere

litigants had at least some control over where their disputes were resolved.

Some common law rules originated as private norms,

and I have argued that norms are produced on something like a competitive market.

Some rules may have been borrowed from the medieval Fair Courts, which had some of the characteristics of the system I have described.



It is thus possible that what Posner observes in present day common law is fossilized efficiency, produced

by institutions that no longer exist[24] and preserved by the conservative nature of the common law.

That conjecture is consistent with the observation that the efficiency of the common law seems to have decreased

over time, at least in this century, with the long retreat from freedom of contract providing the most striking example.



It is also consistent with Posner\'s claim that it is common law, not legislated law, which tends to be efficient.

But it would require a much more extensive knowledge of the history and content of the common law

than I have to say whether such a conjecture provides a plausible account of such efficiency as modern common law possesses.[25]



In any case, the principal purpose of this chapter is not to offer a solution to the puzzle of why the common law is efficient,

supposing that it is. My purpose is to show why the law generated by the institutions of private property anarchy

would tend to be efficient, and to explore some of the limitations of that tendency.

Although the arguments I offer do not imply anything like a perfectly efficient legal system, they may provide better reasons

to expect efficient law under anarchy than we have to expect efficient law under other forms of legal system, including the sort we now have.



David Friedman



==以下粗訳=======



私的なマーケットで法律事務所が競争をしているシステムを考えた場合、そこから生まれる法ルールは効率的なルールであると期待する理由があることを私は議論してきた。

リチャードポズナーは、英米法のコモンローが効率的であるとする経験的な証拠が数多くあることを議論してきている。

このことは、明瞭で興味深い問題を提起する。私が記述してきたそのメカニズムは、コモンローに見られる効率性を説明することが出きるのだろうかという問題である。



私はその問題に対する答えがわからない。

たしかに、競争的な法律のある種の形態は、コモンローの生成と発展に寄与してきた。

コモンローは英米の法システムにその起源を持っている。

その初期の形態は、私的な強制と私的な調停の多くの要素を含んでいた。

それは、マルチコートシステム(複数の裁判所が共存するシステム)−協会、王室、地方ーの中で発展してきたものであり、そこでは訴訟当事者は、少なくともいくらかの、紛争が解決されるところの調整力をもっていた。

コモンローのある種のものは私的規範に起源をもっている。そして、そのような規範は競争的なマーケットのようなものによって作り出されてきたことを私は議論してきた。

またある種のルールは、中世の公正な裁判からの借用であり、それは私が描いてきたようなシステムの性格を持っていた。



ポズナーが現在のコモンローにみるものは時代遅れになった効率性であり、今はもう存在しない体制によって作られたものであり、また、コモンローの保守的な性質によって維持されてきたものである。

このような仮説は、コモンローの効率性は時がたつにつれて低下してくるという観察結果ともよく一致する。少なくともこの一世紀においては、ずっと契約の自由を低めてきているために、非常にそのままずばりの例証となっているのである。



このことはまた、効率的な傾向があるのはコモンローであり、制定法ではないというポズナーの主張とも一致する。

しかし、それを証明するためには、コモンローの歴史とその内容に関するもっとはるかに広い知識が必要であろう。



いずれにせよ、この章の主要な目的は、なぜコモンローが効率的であるというパズルに対する解決を提供することではないが、コモンローが効率的であることを

想定している。私の目的は、私的所有的無政府の体制によって生まれた法が、効率的になる傾向があるということである。

また、 その傾向のいくつかの制限条件を探ることにある。

私の提供した議論は、完全な効率的な法システムを意味しないけれども、それらは無政府下の効率的な法律が他の法システム下での法(現在の我々がもつ法を含む)よりも、より効率的であるというより良い理由を提供しているかもしれない。
posted by libertarian at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月29日

Some Responses to Mike Huben\'s A Non-Libertarian FAQ

Critiques of libertarianism by Mike Hubens

[http://world.std.com/~mhuben/libindex.html]



これに対するDavid FriedmanのResponse

Some Responses to Mike Huben\'s A NonLibertarian FAQ

[http://www.daviddfriedman.com/Libertarian/response_to_huben.html]
posted by libertarian at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

For and Against the state

[http://www.daviddfriedman.com/Academic/Anarchy_and_Eff_Law/Anarchy_and_Eff_Law.html]

This is a chapter from For and Against the State, John Sanders and Jan Narveson eds.



\"For and Against state\"の各章から抜粋したもの。



More than twenty years ago, Professor (now Judge) Richard Posner suggested that many features of the common law could be explained by the conjecture that it was a set of legal rules that maximized economic efficiency.[0] To what degree the conjecture is correct is still a matter of debate, but, true or false, it has played a major role in the development of the economic analysis of law.



One weakness in Posner\'s argument was and is the absence of a plausible mechanism to generate efficient Common Law.[1] What he and his supporters offer instead is extensive analysis of the common law as it actually exists, designed to show that its rules are close to the rules that would have been chosen by an economist attempting to maximize economic efficiency. Lacking a compelling theory, they offer empirical evidencealthough a considerable addition of economic theory is required to argue that the rules observed to exist are the efficient ones.



My project in this chapter is the mirror image of Posner\'s. The legal system I will be describing does not exist, so I cannot observe its rules.[2] What I will be proposing is a theoretical analysis of why that legal system, if it existed, could be expected to generate efficient rules.[3]



以下に粗訳を載せておく



20年以上前、リチャードポズナー教授(現在判事)は、次ぎのことを示唆した。コモンローの多くの特徴は、経済効率を最大化する一連の法ルールの集合であるという仮説によって説明できると。

この仮説がどの程度正しいかは、まだ議論の対象である。しかし、正しいにせよ、間違っているせよ、この仮説が法の経済分析の発展に対し非常に大きな役割を果たしたことはたしかである。



ポズナーの議論において一つの弱点となっているのは、効率的なコモンローを生み出すもっともらしいメカニズムがないことであったし、いまだにそうだといえる。

そのかわりに彼と彼の支持者が提供しているのは、現在存在するコモンローの拡張的な分析である。

これは、コモンローのルールが、経済学者が経済効率を最大化しようとしたときに採用したであろうルールと非常に近いことを示そうとするものである。

強制力のある理論を欠いているために、経験的な証拠をだしているわけである。

とはいえ、その存在するルールが効率的なものであることを議論するためにかなりの経済理論が加えられれているのだが。



この章における私の計画は、ポズナーの議論のミラーイメージとなっている。

私がここで書いている法システムは現実には存在しない。そのため私はそのルールを見ることが出来ない。私が提案したいのは、なぜその法システムが(かりにそれが存在するのなら)効率的なルールを生み出すと期待されるかを理論的に分析することである。
posted by libertarian at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

In Defense of Private Orderings

In Defense of Private Orderings: Comments on Julie Cohen¹s ³Copyright and the Jurisprudence of SelfHelp²



By David Friedman



Abstract



It is becoming possible for owners of intellectual property in digital form to use technological protection instead of, or in addition to, copyright to control the use of their property. Professor Cohen argues against legal changes designed to facilitate this development; I argue in favor of them.



Her argument depends in part on conventional attacks on the legitimacy, hence the enforceability, of mass market contracts, in part on the claim that such technologies threaten individual privacy and autonomy, in part on the claim that copyright preempts alternative forms of protection‹and should, since it produces more desirable outcomes.



Economic theory suggests no reason why mass market contracts should be less enforceable than individually negotiated contracts‹and computer technology, in the form of ³clickwrap² contracts, makes it easier than in the past to create a legally adequate contract in a mass market context. With the exception of technologies that monitor software use and report it, and ought, therefore, to be accompanied by suitable warnings, technological protection of software poses no more threat to privacy or autonomy than traditional forms of producer control over the characteristics of their products. A private ordering of the market for intellectual property, based on contract and technological protection, can be expected to produce both more intellectual property and greater use of existing intellectual property than the current ³one size fits all² public ordering of copyright law. Current developments in this direction ought to be encouraged, not discouraged, by the law.



[http://www.daviddfriedman.com/Academic/in_defense_of_private_orderings/defense_of_pvt_orderings.htm]
posted by libertarian at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月10日

David Friedman On The Austrian Test

[http://www.notreason.com/comments.php?id=510_0_1_0_C]



D.FriedmanによるAustrian Testの感想
posted by libertarian at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月30日

David FriedmanのHP

[http://www.daviddfriedman.com/index.shtml]

ミルトンの息子デビッドのHP
posted by libertarian at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | David Friedman | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする