2005年04月20日

財政赤字とは

財政赤字=国債の意味理解はそれほど簡単ではない。

よくある国家破産話は財政赤字の意味を通俗的に誤解しているだけだろう。

それをどう理解するか?

今日は疲れたので明日纏めよう。
posted by libertarian at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年11月27日

経済政策

経済政策には、大きく次の3つがある。

1.財政政策(ケインズ政策、公共投資、行政府主体)

2.金融政策(Mフリードマン〜ルーカスのK%ルール、中央銀行主体)

3.産業政策(MITI )



リバタリアニズムでは特に1と3は反対する。これらは大きな

政府、中央管理システムの機能に等しい。

2の立場はフリードマンらの立場だがハイエクはこれも認めない。(ハイエクは貨幣発行自由化論)

しかし、日本では1−3の全てが機能していないのだが、

ますます1−3の方向を強化しながら突っ走っている。
posted by libertarian at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月30日

開店

BLOGなるものを、使ってみることにした。
初めてなので使い方がよくわからないが、いろいろとリンク集を
作ってみた。
お気に入りに、今までブックマークを適当に入れてきたが、改めて
纏めてみるとblogは、リンク登録に都合がよいと思われる。
簡単な日本語の説明を付け足しておくだけで、結構、他の人にも
参考になるかもしれない。

最近は英語文献ばかり読んでいるので、論文とか堅い文章に
関しては翻訳より、英語で読むほうが分かりやすいし、かえって
若干早く読めるかもしれない。

日本語は、関係代名詞で、文章をネストすることができないの
で、英語の方が複雑な論理構造を文章に持ちうるような気がする。
これを、下手に訳すと、分けのわからないひどい翻訳文となり
なにを言っているのかさっぱりになる。
英語だと平易なのに、翻訳は御経みたいというのは、ありがち
なことだ。
尤も、ネストした文章を平面展開するのは、上手い下手は
あっても、そもそもが、かなり無理なことだと思われる。
posted by libertarian at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする